おかゆ「赤いひまわり」なかなかいいのではないでしょうか

| コメント(0) | トラックバック(0)
mx20220829.png

 このたびは、フランク永井とは直接関係ありません。ただ、ビクターの後輩で、実力派歌手として、これから楽しみの、期待置ける歌手ということです。
 最近、おかゆは「徳光和夫の名曲にっぽん」(BS東京)にメインで出ていて有名かと思います。
 先日、ここで「赤いひまわり」を歌っていました。聴いていて、最後まで聴き入ってしまいました。なかなかいい曲だと思います。
 作詞作曲はおかゆ自身になっています。おかゆは、他の歌手にも歌を提供しています。なかなか才能があると感心します。
 歌うウマ(うまい)ということでは、私はずっと見ている番組があります。「THEカラオケ・バトル」です。この番組に2017年出演し「柳ヶ瀬ブルース」「人形の家」「さそり座の女」「女のブルース」などを歌い、いずれも100点近い点数を出し、安定的な歌唱力を見せつけたのは印象的でした。
 2019年「ヨコハマ・ヘンリー」でビクター・エンタテインメントよりメジャーデビューを果たしました。
 これもおかゆの作詞作曲作品です。

 おかゆのデビューまでの生い立ち、苦労話は、彼女自身が語っているのを観ました。
 それは、やはり私がよく見ているYouTubeのDaveがリードする「嘉衛門 presents The Road~Take The One Less Traveled」チャンネルに、2018年に出演したときのものです。
 おかゆが17歳のとき、母が突然の事故により他界。母の口癖だったという「七転び八起き幸せに」を胸に刻んでいるとのことです。
 「流し」という言葉も知らぬまま、母がスナックで歌っていたのを、思い起こして、この世界に飛び込んだという。
 この業界に飛び込むというのは、一言で言えない苦労をまとっているのは、おかゆも例外ではありません。
 そのあたりが、彼女のことばを通じて、だが、明るく楽しく語られています。

 赤いひまわりというのは、おかゆの出身地近くに咲く花。ほんとのひまわりではなく、中南米産のチトニアという花。愛する男の自分への気持ちは本物の愛ではなかった。偽りの愛と知っても揺れる女心を、おかゆが歌にして歌ったというものです。
 ぜひおすすめしたい一曲です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://frank-m.org/mt-new/mt-tb.cgi/746

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、文四郎が2022年8月29日 13:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「BS朝日「人生歌がある~ムード歌謡」ダイジェストを楽しむ」です。

次のブログ記事は「9/25 吉田正100周年記念コンサート「みんなで語り みんなで歌おう」〜後世に伝える「愛と生きる力」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。