BS朝日「人生歌がある~ムード歌謡」ダイジェストを楽しむ

| コメント(0) | トラックバック(0)
mx20220822.png

 五木ひろしがメインMCを務める人気番組です。8月20日は、名曲!名演!名場面集&お宝映像プレイバック...ムード歌謡編ということで、観させてもらいました。
 過去に放送した名シーンを【名曲セレクション!~山の唄編~】【お宝プレイバック ムード歌謡編】【名曲セレクション~この歌・この魅力~】【喝采をどうぞ~コラボレーション~】という4つのパートにわけて紹介されました。
 全編を五木ひろしが藤あや子とともに、エピソードを添えながら紹介する番組です。

 当然注目したのは、二つ目のムード歌謡変です。フランク永井トリビュート画面では、千昌夫が「有楽町で逢いましょう」を歌ったシーンがでました。
 千昌夫のきばり顔ではムード歌謡にはどうかなと、心配しつつの鑑賞でした。
 フランク永井がらみでは、定番である「東京ナイト・クラブ」が歌われたのですが、歌手は野口五郎と藤あや子です。このひのセレクションは二人の歌手で歌うことが基本だったようです。
 フランク永井と魅惑のゴールデン・ユニットを組んだ松尾和子、彼女と和田弘とマヒナスターズで日本レコード大賞を得た「誰よりも君を愛す」を、橋幸夫と八代亜紀が歌いました。
 ムードあるデュエット曲の双璧である石原裕次郎と牧村旬子の「銀座の恋の物語」を山内惠介と大石まどかが歌いました。
 「東京ナイト・クラブ」「銀座の恋の物語」に続く大人のデュエットとなった、五木ひろしと木の実ナナの「居酒屋」、これは二人のご本人の映像です。
 居酒屋のできたエピソードが面白かったです。五木にその話が来たときに、全然乗らず、あげくは木の実に投げ、シングル盤のジャケットに小さく「五木ひろしと...」と書かれた状態で、木の実ナナのレコードとして発売されたのだというのです。
 その後、テレビ番組で数回歌うことになり、それからヒットになって、以後五木が主となっていったと。五木はその後他の歌手とのデュエットで何度も歌い、実際に木の実とデュエットしたのはわずかだったということです。
 この番組は基本的に「カバー」が多い番組で、出演する歌手の挑戦の姿が披露されます。何度か聴きましたが、はっきりいって、イマイチ、あるいは選曲かキャストが悪いと感じることが多かったのですが、この日にダイジェストした映像は、比較的よかったものでした。
 カバーとなると、元曲が完成しているだけに、歌う側の歌唱がいやでも比較されます。そのときに、歌う側の実力がもろに視聴者に判断されます。
 歌のうまさ、歌への熱心さ、歌への消化力の高さ、歌の独自の解釈による味の出し方、さまざまな視点で点数が付けられます。
 さすがにプロの歌手だと視聴者に感じさせるには、よほどの裏でのよほどの訓練が求められます。
 この点、フランク永井のカバーは並外れでした。あの低音で大丈夫かと心配するような曲でも、人をうなずかせる、幅の広い歌手でした。
 そんなことを思い浮かべながら、2時間楽しませていただきました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://frank-m.org/mt-new/mt-tb.cgi/745

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、文四郎が2022年8月22日 16:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「完成度が高いと思った「道後の女」など3曲」です。

次のブログ記事は「おかゆ「赤いひまわり」なかなかいいのではないでしょうか」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。