2021年10月アーカイブ

mx20211018.jpg

 フランク永井の残した映像は、NHK紅白歌合戦番組、他のテレビ番組、映画があります。
 ほとんどはこれらの元映像ソースから得たものですが、いくつかはソース不明なものもあります。
 ざっと192本に及びます。だが、同じ曲も122本、つまり半数以上あって、結局70本が曲の数です。下記にリストをあげます。【??】で期したものは、同名の曲数です。JIS順になっています。

11時過ぎから-(松尾和子と)GD-19780000
13,800円-1958羽田発7時50分から
16トン-エンターテインメント19820000
あなたと共に-NHK第7回思い出のメロディー19750802
おまえに-NHK紅白歌合戦#25-19741231【12】
おまえに-NHK紅白歌合戦#27_19771231
おまえに-NHK紅白歌合戦#32-19811231
おまえに-TBS-00000000
おまえに-TBSB吉田正SP00000000.mp4
おまえに-TV東京にっぽんの歌19821129
おまえに-エンターテインメント19820000
おまえに-スポニチクリエイツ2017 0706
おまえに-テレ東19840714
おまえに-テレ東20210903吉田正生誕100年
おまえに-フランク永井ショー19841004
おまえに-吉田正ビッグ・ショー-19781031
おまえに-昭和歌謡19821000
おまえに-第7回歌手協会-19850226B
おまえに-GD-19780000
おまえに-トップスターショー19770505
こいさんのラブ・コール-NHK第15回思い出のメロディー19830813【1】
こいさんのラブ・コール-昭和の歌-19800429
たそがれのテレビ塔-1959たそがれのテレビ塔
たそがれシャンソン-1958場末のペット吹き
たった一度の愛の言葉-(有楽町で逢いましょう含む)夜のヒットスタジオ19750127
でっかい夢-南海放送20180000
ウーマン-エンターテインメント19820000【3】
ウーマン-一本勝負19830000
ウーマン-夜のヒットスタジオ-19820802
オール・オブ・ミー-エンターテインメント19820000
グッド・ナイト-(松尾和子と)GD-19780000
ゴンドラの唄/恋はやさし野辺の花よ-(和泉雅子と)歌まつり明治百年-19681023
サパー・タイム-(八代亜紀と)19770505
シンプル・メロディ-ミュージック・フェア19850000
マイ・ベイビーズ・カミング・ホーム-この人フランク永井ショー19841004
ラブ・レター-1959らぶれたあ【3】
ラブ・レター-エンターテインメント19820000
ラブ・レター(松尾和子と)GD-19780000
一杯のコーヒーから-第5回思い出のメロディー19730000
二人でお酒を-(松尾和子と)GD-19780000
俺は流れ星-1960俺は流れ星
俺は淋しいんだ-#14思い出のメロディー19820807【2】
俺は淋しいんだ-1959俺は淋しいんだ
公園の手品師-NHK紅白歌合戦#29_19781231【2】
公園の手品師-エンターテインメント19820000
六本木ワルツ-TV東京19850000【2】
六本木ワルツ-TV東京にっぽんの歌19850325
別れても好きな人-(松尾和子と)GD-19780000
別れの夜明け-(松尾和子と)GD-19780000
加茂川ブルース-NHK紅白歌合戦#13_19684319【2】
加茂川ブルース-映像と歌で綴るフランク永井10191100
君恋し-#12思い出のメロディー19900809【19】
君恋し-#7思い出のメロディー-19750802
君恋し-1961日本レコード大賞19681227
君恋し-1962君恋し
君恋し-NHK第12回思い出のメロディー19800809
君恋し-NHK第7回思い出のメロディー19750802
君恋し-NHK紅白歌合戦#20_19691231
君恋し-NHK紅白歌合戦#26_19751231
君恋し-TV東京にっぽんの歌19850325
君恋し-テレ東第14回年忘れにっぽんの歌19811231
君恋し-トップスターショー19770506
君恋し-フランク永井ショー19841004
君恋し-レコード大賞25周年-19830000
君恋し-夜のヒットスタジオ19750127
君恋し-夜のヒットスタジオ19820802
君恋し-昭和の歌-19800429
君恋し-藤山一郎と19750105
君恋し-NHK紅白歌合戦#23_19721231
君恋し-徳光名曲にっぽん20131016
喜劇団地親分-1962同名映画
場末のペット吹き-1958場末のペット吹き【3】
場末のペット吹き-1958場末のペット吹き2
場末のペット吹き-1958夜霧の第二国道から
夜のめぐり逢い-(松尾和子と)GD-19780000
夜霧に消えたチャコ-00000000【4】
夜霧に消えたチャコ-1959夜霧に消えたチャコ
夜霧に消えたチャコ-TV東京にっぽんの歌19850325
夜霧に消えたチャコ-(1959日本レコード大賞)19681227
夜霧の第二国道-1958夜霧の第二国道【8】*1
夜霧の第二国道-NHK小林旭番組00000000
夜霧の第二国道-TV東京00000000
夜霧の第二国道-TV東京にっぽんの歌19840423
夜霧の第二国道-TV東京にっぽんの歌19850325b
夜霧の第二国道-吉田正ビッグ・ショー19781031
夜霧の第二国道-日テレ19850000
夜霧の第二国道-映像と歌で綴るフランク永井10191100
大阪ぐらし-NHK歌と笑いの大阪夏まつり19800000【3】
大阪ぐらし-NHK歌謡日本百景19800826
大阪ぐらし-映像と歌で綴るフランク永井10191100
大阪ろまん-NHK歌謡日本百景19800000【4】
大阪ろまん-NHK紅白歌合戦#17_19661231
大阪ろまん-TBS歌のグランプリ19760000
大阪ろまん(ミヤコ蝶々と)フランク永井ショー19841004
大阪流し-NHK紅白歌合戦#21_19702131
大阪野郎-1961大阪野郎
好き好き好き-1960好き好き好き【2】
好き好き好き-1960好き好き好き2
妻を恋うる唄トップスターショー19770505
幼な子よ-第9回広島平和音楽祭-198200805
恋さんのラブ・コール-#15思い出のメロディー19820813
恋はお洒落に-NHK紅白歌合戦#31_19801231
恋人と呼ばせて(岩崎宏美と)ミュージック・フェア-19850000
恋人よわれに帰れ-TV東京昭和は輝いていた20210917☆【2】*2
恋人よわれに帰れ-ミュージック・フェア19850000
戦場の恋-1963同名テレビドラマから
星になりたい-1960俺は流れ星2
時の過ぎゆくままに-映画音楽大全集19821002
有楽町で逢いましょう-#17思い出のメロディー19850817【30】
有楽町で逢いましょう-1958同名映画エンディング
有楽町で逢いましょう-1958同名映画オープニング
有楽町で逢いましょう-19600000
有楽町で逢いましょう-NHKベスト200-19900000
有楽町で逢いましょう-NHK歌まつり明治百年19680000
有楽町で逢いましょう-NHK第1回思い出のメロディー19690802
有楽町で逢いましょう-NHK第6回思い出のメロディー19740803
有楽町で逢いましょう-NHK第13回思い出のメロディー19810808
有楽町で逢いましょう-NHK第17回思い出のメロディー19850017
有楽町で逢いましょう-NHK紅白歌合戦#24_19731231
有楽町で逢いましょう-NHK紅白歌合戦#33_19821231
有楽町で逢いましょう-TBS-BS2017昭和歌謡ベストテン~心に生きる1000曲のうた-19610000
有楽町で逢いましょう-TV東京19840000
有楽町で逢いましょう-TV東京懐メロ名曲集-20200116
有楽町で逢いましょう-スポニチクリエイツ-19750000
有楽町で逢いましょう-テレ東19841231
有楽町で逢いましょう-テレ東にっぽんの歌19850325
有楽町で逢いましょう-テレ東懐かしの昭和メロディー19850722
有楽町で逢いましょう-フランク永井ショー19841004
有楽町で逢いましょう-一本勝負19830000
有楽町で逢いましょう-吉田正ビッグ・ショー-19781031
有楽町で逢いましょう-吉田正異国の丘30周年19750518
有楽町で逢いましょう-思い出の映画主題歌大全集19850507
有楽町で逢いましょう-日テレ19850000
有楽町で逢いましょう-映像と歌で綴るフランク永井10191100
有楽町で逢いましょう-昭和の歌-19800429
有楽町で逢いましょう-ビッグショー吉田正異国の丘から30年19750518
有楽町で逢いましょう-TBS00000000
有楽町で逢いましょう(八代亜紀/岩崎宏美と)19770505
望郷ペペ・ル・モコ-1959同名映画
東京しぐれ-NHK紅白歌合戦#16_19651231
東京の屋根の下-(八代亜紀と)#13思い出のメロディー19810808
東京ナイトクラブ-(島倉千代子と)19820000【17】
東京ナイト・クラブ-19810000c
東京ナイト・クラブ-TV東京にっぽんの歌19821129
東京ナイト・クラブ-TV東京第15回夏まつりにっぽんの歌19840714
東京ナイト・クラブ-この人フランク永井ショー19841004
東京ナイト・クラブ-なつかしのグレート・ヒット・ソング19810102
東京ナイト・クラブ-夏祭りにっぽんの歌19840814
東京ナイト・クラブ-松尾和子ビッグ・ショー19770220
東京ナイト・クラブ-(フランク永井・青江三奈と)懐かしの昭和メロディー19850000 
東京ナイト・クラブ-(八代亜紀と)19770505
東京ナイト・クラブ-(岩崎宏美と)ミュージック・フェア-19850000
東京ナイト・クラブ-(松尾和子と)-フランク永井ショー19841004
東京ナイト・クラブ-(松尾和子と)-吉田正ビッグ・ショー-19781031
東京ナイト・クラブ-(松尾和子と)00000000C
東京ナイト・クラブ-(松尾和子と)GD-19780000
東京ナイト・クラブ-(松尾和子と)TBS00000000
東京ナイト・クラブ-(生田悦子と)-一本勝負19830000
東京午前三時-1958東京午前三時【6】
東京午前三時-NHK歌謡ホール盛り場演歌ヒット曲19820907
東京午前三時-NHK紅白歌合戦#30_19791231
東京午前三時-一本勝負19830000
東京午前三時-日テレ19850000
東京午前三時ーNHK紅白歌合戦#27_19761231
泣いちゃった-1960俺は流れ星
無情の夢-NHK歌謡ホール演歌SP80分19810825
生命ある限り-NHK紅白歌合戦#18_19671231
異国の丘-昭和は輝いていた20160708
羽田発7時50分-TV東京にっぽんの歌-19850000【3】
羽田発7時50分-TV東京にっぽんの歌19850325
羽田発7時50分-1958羽田発7時50分から
蒼い国道-1959青い国道
街角のギター-1958羽田発7時50分から
西銀座駅前-00000000【3】
西銀座駅前-1958西銀座駅前
西銀座駅前-TV東京にっぽんの歌19821129
誰よりも君を愛すー(松尾和子と)GD-19780000
赤いグラスー(松尾和子と)GD-19780000
赤ちゃんは王様だ-日本レコード大賞10周年19681227
追憶-古賀政男記念音楽大賞19810725
逢いたくて-NHK紅白歌合戦#08_19633814
遊侠一匹-1966沓掛時次郎遊侠一匹
銀座の恋の物語-(大津美子と)昭和歌謡大全集第2弾19920000【2】
銀座の恋の物語-(松尾和子と)GD-19780000
銀座ブルース-松尾和子ビッグショー-19770220【2】
銀座ブルース-(松尾和子と)GD-19780000
霧子のタンゴ-1958西銀座駅映画から【6】
霧子のタンゴ-1963霧子のタンゴ
霧子のタンゴ-1963霧子のタンゴ2
霧子のタンゴ-TV東京にっぽんの歌19840423b
霧子のタンゴ-この人吉田正ショー19820916
霧子のタンゴ-映像と歌で綴るフランク永井10191100

*1:このパターンでの表記は映画からです。
*2:「恋人よわれに帰れ」これは例外的にあげました。フランク永井を映した他の映像と組み合わせてよくできていたからです。
 GD:魅惑のゴールデン・デュエットです。
 行末の数字は、最初に放送された日付です。ただ不明のものもけっこうあり、それは00で埋めています。なお、その場合に年が再放送された年である可能性があり、後日判明した際に修正することとします。

 リストを見てわかるのは、やはり代表曲である「有楽町で逢いましょう」が圧倒的に多いです。次に「君恋し」「おまえに」です。そして盟友の魅惑のゴールデンデュエットの松尾和子と歌った「東京ナイト・クラブ」です。これは松尾だけでなく、八代亜紀、岩崎宏美、青江三奈、そして、二度とない異例といえるのは、同期デビューの島倉千代子や、一緒に番組の進行をやった生田悦子とのデュエットです。
 映像的には、妥当なのかもしれません。テレビでは、最優先がその歌手の代表曲で、やや余裕があるときに、または他の番組と比較して相違を出そうとしたとき、そしてその歌手ぼ歌唱の広さや深さを紹介するときに、ヒット曲に次ぐ曲が採用されるから、美空ひばりなどと違い、フランク永井については曲数をこれ以上望むのは無理のようです。
 気づくのは、ソース所有の放送局はテレビ東京が圧倒的に多く、NHKが続きます。数が少ないのは、TBS、フジテレビ、日本テレビです。テレビ朝日は見つかりませんでした。
 映像はあっても、ソースに関する手掛かりがまったくなかったのもあります。
 また映画「西銀座駅前」では、洋楽を歌唱しているのですが、私の知識不足で曲名の特定ができませんでした。

 フランク永井がテレビで出てくる映像は、現在なら当然ですがすべて過去の映像です。そのときに、これが最初に放送されたのは何の番組だろうと思う時があります。たいていは、映像にソースのキャプションが出るのですが、手抜きでそれが表示されない場合があります、
 このリストと比較すればある程度特定できるはずです。それで何なのよと言われりゃ、ただの自己満足です。ただ、いったい、どれほどの映像が存在するのだろうか、と単純に疑問に思ったわけです。
 放送でソースのキャプションが表示されていても、どこまで正確は難しいです。実際に疑問感じたのもありました。またファンの方で、これはどうなんだというのがありましたら、ぜひともお知らせくださると、ありがたいです。

mx20211012.jpg

 フランク永井関係の動画についての続きの話です。過去に放送されたビデオやDVDや、映画のファイルと記録に、その後youtubeなどで知ったものがその元(ソース)になります。
 前回はテレビドラマの一覧でしたが、今回は主に放送された番組です。当然ですが、私個人の知る範囲であって、すべてを網羅することは不可能だと思います。
 映像が映画やテレビで登場する時代と、フランク永井が活躍する時代は重なります。

1968-1227-TBS日本レコード大賞10周年記念音楽祭 
1975 0802-NHK第7回思い出のメロディー 
1975-0105-NHKビッグショー藤山一郎 
1975-0127-夜のヒットスタジオ「たった一度の愛の言葉」 
1975-0518-ビッグショー吉田正異国の丘から30年 
1977-0500-TBSトップスターショー歌ある限り 
1978-0000-魅惑のゴールデン・デュエット 
1978-1031-ビッグショー吉田正作曲生活30周年 
1980-0000-NHK昭和のうた 
1981-0322-NHKFM日曜喫茶室 
1982-0000-ザッツ・エンタテインメント 
1982-0802-夜のヒットスタジオ 
1982-1000-昭和歌謡 
1983 0813-第15回NHK思い出のメロディー 
1983-0000-秋の演歌一本の勝負 
1983-1231-日本レコード大賞25周年記念 
1984-1004-NHK-この人フランク永井ショー母あればこそ 
1990-0000-NHK新春に贈る昭和の歌~心に残るベスト200曲 
1995-0000-フジテレビ・ミュージック・フェア 
1995-0000-VIVL-164_にっぽんの歌ビクター編 
1997-0000-VIVL-190_にっぽんの歌ビクター編 
2006-0200-NHK昭和歌謡黄金~ランク永井ヒットメドレー
2007-1104-昭和歌謡黄金時代~フランク永井・松尾和子 
2009-0301-歌伝説~フランク永井の世界 
2012-0810-懐かしの昭和メロディ#9テレビ東京 
2013-0000-NHKあの人に会いたい~フランク永井 
2013-0529-BSTBS関口宏昭和歌謡グラフィティ~ムード歌謡 
2013-1016-BSTBS-徳光名曲にっぽんフランク永井 
2015-0500-歌碑物語有楽町とおまえに 
2015-1000-昭和平成をあやどる名曲SP 
2016 0601-BS11あのスターにもう一度逢いたい#8~フランク永井ムード歌謡で日本を酔わせた男 
2016-0224-懐かしのフランク永井映像選集 
2017-0000-TBS-BS昭和歌謡ベストテン~心に残る名曲集 
2017-0200-昭和は輝いていた~昭和歌謡黄金時期物語3時間スペシャル 
2017-0800-BS11あの人に会いたい~松尾和子 
2017-0815-あの年この歌~時代が刻んだ名曲たち「ムード歌謡スペシャル」 
2017-1023-BS11あのスターにもう一度会いたい~フランク永井低音の魅力 
2018-0000-愛媛しまなみ海道南海放送 
2018-0227-BS11あの歌この歌~時代が刻んだ名曲たち前半1961年 
2018-0410-テレビ東京懐メロ~ベテラン総出演(年代、曲、タイトル不明) 
2019-0117-昭和偉人伝フランク永井・坂本冬美 
2019-1100-映像と歌で綴るフランク永井ベスト 
2020-1106-テレビ東京懐メロ(昭和40年まで)名曲集Part1 
2021-0602-日本歌手協会第7回歌謡祭 
2021-0709-武田鉄矢の昭和は輝いていた~悲恋・未練・道ならぬ恋の唄 
2021-0814-新・BS日本のうたスペシャル~作曲家吉田正生誕百年記念コンサート 
2021-0903-徳光和夫の名曲にっぽん<吉田正生誕100周年> 
2021-0917-武田鉄矢の昭和は輝いていた~フランク永井 

 先頭の数字は、年月日です。0000は日付が判明していないものです。
 フランク永井が出演しているということです。中にはフランク永井がナビゲータを勤めているというものもあります。これらの番組では、すくなくとも、1曲は歌っています。
 1985年末に出演は基本的に終わっていますが、その後にも、リアルタイムで放送されなかった映像が取り上げられています。だが、多くは一度放送された映像の再使用となり、オリジナルとダブっていないかを確認します。
 一つの番組(ソース)で、フランク永井が複数歌っている場合は、それぞれについてダブりの確認が必要です。現時点ですべての確認は終えていませんが、ソースの数を超えた数があります。
 近年というか、現在にNHKを始め放送される番組は、ほとんどがこれらに含まれるわけですが、たまに、レアなこの情報にないのが含まれるときがあるので、要注意です。
 調査の結果がほぼ判明したら、また、ここで報告したいと思います。

 番組は特別に、NHK紅白歌合戦があります。フランク永井は1957年の第8回から1982年の33回まで連続26年出場の記録があります。
 別項でも触れましたが、初期の音声や映像の記録は、NHK自身が所持していなくて困ったものでした。その後、国内国外に呼びかけて、最終的にほぼすべてを得たようです。だが、フランク永井については、私の調査結果では、実際に閲覧で制限があるのは、次の通りです。

 1957(S32)第 8回 東京午前三時   音源映像なし
 1958(S33)第 9回 西銀座駅前    音源映像なし
 1959(S34)第10回 俺はさみしいんだ 映像なし
 1060(S35)第11回 東京かチート   映像なし
 1961(S36)第12回 君恋し      映像なし
 1962(S37)第13回 キリコのタンゴ  映像なし
 1971(S46)第22回 羽田発7時50分   映像なし

 テレビ放送が始まったのは1953(S28)年でもまだテレビの普及が限られていて、もちろんビデオ録画の環境などありません。カラー放送は1946(S54)年ですが、カラー受像機の普及は後になります。録画は8ミリなどを使うしかありません。またNHKが海外への宣伝でフィルム撮りして、外国の大使館に提供していたという記録もあります。
 フランク永井映像はすべてあるはずですが、それがみられるときが来るのを期待して待ちます。1971年の保存版は著しく映像が悪いとも聞きます。
mx20211005.jpg

 フランク永井の動画関係の情報を整理しています。その過程でいろいろと気づいたことを、すこし書いてみます。
 映像関係には、ひとくくりでまとめられないことがあります。最初は、よくyoutubeで発信されている映像を観て、あまりにもさまざまあったので、これは整理しなければと思ったものです。
 ここでは、歌唱、つまり曲が単位で、フランク永井のトークなど焦点をあてたものではありません。
 多くは、テレビでの音楽番組で放送されたものからの切り出しです。フランク永井が活躍時に出演した番組が、もともとのソースになりますが、それ自身はあまり多くありません。大雑把に、手元で確認できるものだけでは40本程度です。
 舞台を降りた後は、そのオリジナル・ソースを切り出して二次利用しています。番組での過去の映像を挿入したもので、一曲が1分から長くて②分程度のものです。
 テレビ時代ではスピードが優先されて、多くは曲の一番だけが多く、しかも前奏は省略されているのが普通です。雰囲気が伝わればいいという番組制作側の意図です。
 歌番組として、歴史をたどれるのは、NHK紅白歌合戦があります。これは何度かこのブログで紹介しています。初期の頃のは映像、音声が確認できない(NHKにはあるようですが)のもありますが、ある程度揃います。
 映像ソースは、厳密にいえば、テレビの歌番組以外にもあります。一つは、出演した映画です。日活、大映、東宝、東映、松竹など各社の映画に出演しています。これは追って記載します。
 ここ数年ですが、フランク永井の属したビクターからの企画で、CD-BOXなどにDVDが付属して公開されました。それが数枚あります。オーソライズされた良質の映像が楽しめます。

 そうしたような外観で、まず映画やテレビドラマの主題歌、挿入歌というのを調べてみると、やはりさまざまなことが見えてきます。
 「ばらの刺青」はデビュー三作目のレコードです。パラマウント映画の主題歌と記録されています。映画でも洋画と日本映画があります。洋画は当時日本に輸入して日本版にする際に、今でいう日本語のアテレコはないのですが、タイトルや主題歌について、日本語の歌を入れ替えるようなこともあったようです。

 「望郷(ペペ・ル・モコ)」
 「恋愛候補生(I'll Remember Tonight)」
 「縛り首の木(The Hunging Tree)」
 「勇者のみ」
 「戦場の恋(ギャラントメン)」

「戦場の恋(ギャラントメン)」はNETテレビ放送です。
 映画については別項にします。フランク永井が人気を得るに伴って、次つぎに映画がつくられました。これはおよそ30本弱あります。映画が一段落すると、世はテレビの全盛時代となり、テレビドラマの主題歌、挿入歌への関与が多くなります。
 1963年洋画「戦場の恋」が最初です。続いて国内のドラマです。以下のようなドラマ主題歌に関与しています。

1964 振り向けばひとり(TBS)
1964 この河の流れに「悲しい人が去って行く」(松竹テレビ映画)
1964 男なら/誰を愛して(TBS)
1964 抱いて抱いて(フジTV)
1965 水のように/幸せひとつ(関西TV)
1965 波浮の港(TBS)
1966 午後の微笑「別れのテーマ」(東海TV)
1966 事件記者「ブン屋小唄」(NHK)
1966 青春怪談「かわった恋」(TBS)
1967 船場「船場ごころ」(関西TV)
1967 雨の慕情(東海TV)
1968 堂島(関西TV)
1971 こいさん恋唄(朝日放送)

 これらについては、ドラマの映像が確認できません。だが、レコードはしっかりありますので、14曲ほぼCD一枚分たっぷりと楽しめます。
 これ以外にも「関西もの」「大阪もの」に関係したドラマがいくつかあったようですが、詳細についての情報がなく、確認できません。
 また「事件記者」に見られるように、テレビで人気がでると、他局が別版を作ったり、映画になったりします。追うときりがないです。

カテゴリ

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2021年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2021年9月です。

次のアーカイブは2021年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。