フランク永井「おまえに」歌手協会秘蔵映像の放映

| コメント(0) | トラックバック(0)
mx20210719.png

 ユニークな歌謡曲番組放送で独走しているBSテレ東が、先日に日本歌手協会歌謡祭プレイバックとうたい、1985(S60)年開催の第7回歌謡祭のダイジェストを放送しました。
 以前にもこのブログで紹介したのですが、ここでフランク永井が最初で最後の出演を果たしています。その貴重な映像が放送されました。
 この回は、番組でも事前に目玉としてフランク永井をとりあげていますが、その際にもう一人あげたのが坂本九です。彼はこの年の驚くべき事件であった「日本航空123便」で不慮の事故にあいました。
 同じ年に奇しくも舞台を降りた二人の出演する映像記録だけに、たいへんファンから注目されていたもので、このたびの再放送は、期待を裏切らない番組となりました。
 フランク永井は映像的にも最後となるような歌唱でした。坂本九は「見上げてごらん夜の星を」を熱唱しました。ちなみに、この大ヒット曲はフランク永井がみごとなカバーをしています。

 さて、BSテレ東は「武田鉄矢の昭和は輝いていた」というユニークな番組が人気です。2013年に始まったようですが、翌年から「武田鉄矢の」を番組名につくようになりました。武田鉄矢の独特の語りとうんちくが面白いのですが、そればかりでないのは、取り上げるテーマが、しっかり昭和のポイントを押さえていることが、人気の土台になっていると思います。
 先日は「悲恋・未練・道ならぬ恋の唄」という特番がありました。流行歌の多くは、まさに、これがテーマです。だから、どのヒット曲をとりあげてもいいようなものなのですが、戦前・戦中からこれはという曲で、かつ映像が残されているものを放送されました。
 さすがにテレ東、というか、以前は「東京12チャンネル(略して12チャン)と呼んでいましたが、歌謡曲、流行歌を安定的に流して生きただけあって、映像記録の数も抜きんでています。テレ東ならではの、珍しい貴重な曲が聴けました。
 ここでは、武田のコメントなして、フランク永井の「君恋し」と松尾和子の「再会」が流れました。松尾の「再開」は、恩師吉田正の自薦の最高傑作といわれるだけに、聴いていて胸を打ちます。

 この番組で、この夏特別に推したいプログラムがありました。それは「反戦歌平和を歌う歌」という週のものです。歌と反戦という、少し難しいテーマを、ずばりと真正面から扱いました。
 ゲストは、写真のように小室等、新谷のり子、竹村淳(楽ジャーナリスト)です。武田も彼らも登場したのはベトナム戦争の時代に重なるのだが、番組は先の対戦に関係している歌もちゃんと押さえています。
 フランク永井とは深い親交もあった藤田まことが、舞台で「さとうきび畑」を熱唱しました。圧巻でした。初めて聞きましたが、彼の実兄が戦地に赴き、帰ってこなかったということが語られ、自宅に届いた手紙が紹介されました。当時、同じような経験をした家族は多かったはずです。
 「さとうきび畑」は、有名な歌で、多くの歌手が歌い続けています。私は当時上条恒彦が歌声喫茶で歌っていたのが個人的に印象深く、記憶しています。確か彼のファースト・アルバムにあって(このときのタイトルは「サトウキビ畑」)、何度も聞いたのを覚えています。
 敗戦の年の8月は、2発の核が日本で使われました。記念日はまもなくきます。コロナ禍という世界的なまるで戦時下であるようなロックダウン、緊急事態宣言下にあります。そうしたなかで、核や戦争の廃絶というまさに反戦が、多くの方々から語られる季節です。
 番組を観て感じたことがあります。この忌まわしい戦争と、それを当時盛り上がっていた反戦への参加の行動から、彼らが感じたというポイントについてです。
 一つは、歌手の新谷が歌った「フランシーヌの場合」の歌詞についてです。「ホントのことを言ったら、あまりにも悲しい...ホントのことを言ったら、オリコウになれない...」です。
 もう一つは、小室市等が最後に「当時は被害者として反戦歌を歌ってきたが、今は加害者としての目線をしっかり持つ必要もある...」と語っていたことです。
 戦争というテーマは、あまりにも大きく、圧倒的過ぎて、ひとりひとりのレベルでは、無力でしかないという空気だといって、けっして言い過ぎではありません。そのなかで、紹介した二つのポイントは、考えるうえで、何か的を得たヒントを語っているように感じたわけです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://frank-m.org/mt-new/mt-tb.cgi/685

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、文四郎が2021年7月19日 13:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「フランク永井歌コンクールでの白井審査委員長が残された記事の再録2」です。

次のブログ記事は「フランク永井「幼な子よ」、五輪と平和と民主主義」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。