NHKラジオ深夜便で今年もフランク永井を特集に感謝

| コメント(1) | トラックバック(0)
mx20201031.jpg

 10月はフランク永井の月命日です。
 「師である作曲家の吉田正とともに、都会的でジャズテイスト溢れるムード歌謡のジャンルを切り開き、数多くのヒット曲を世に送った」(Wekipedia)フランク永井は、2008年のこの10月27日に亡くなりました。
 「フランク永井歌コンクール」が、今年は新型コロナウイルスの影響で中止されています。しかし、今回のNHKラジオ深夜便の番組は、それを在宅で埋めるものといっていいのではないでしょうか。
 NHKではラジオ深夜便で毎年、フランク永井のために2回、2時間にわたって、たっぷりと長時間をさいた特集を流してくれています。ファンにとってはとてもうれしい限りです。感謝を申し上げます。
 今年も午前三時台の「にっぽんの歌こころの歌、郷愁の歌:歌声喫茶愛唱歌集」として、14日、28日にPart1、2として放送されました。今年は、須磨佳津江アナウンサーが担当でした。
 「深夜便のアンカーになった頃は一番年下だったのですが、あっという間に時が経ち、なんと気づくと最年長になってしまいました。今では、深夜便のスタジオの椅子に座ると落ち着き、リスナーの皆さんとゆったり共に過ごす夜が、かけがいのないものになっています。リスナーの皆様は深夜便のお仲間。これからも、聴いてよかったと思っていただけるよう、インタビューや、音楽の紹介、お花の情報など、頑張ります!よろしくお願いいたします」と、アナウンサーの紹介欄で書いているように、聴いていて実にすばらしい声の持ち主で、心落ちつつく番組でした。
 合わせて19曲、フランク永井の代表的な曲を、それぞれもコメント付きで紹介されました。これらのフランク永井の曲は、もう何度聞いたことか知れません。おそらく、いずれも50回から100回以上は聴いた曲です。それでも聴きたいのは、聴いていてこころが落ち着き、ふんわりと、豊かになるからです。少しも飽きません。
 そして、こうした番組を聴く楽しみは、アナウンサーのフランク永井や、それぞれの曲についての紹介を聴きたいからです。毎回、さまざまなエピソードを耳にできます。私自身はフランク永井が残した全曲の紹介データブックにトライした関係から、手に入れられるだけのさまざまなエピソードに触れました。
 それらを十分に承知していても、深夜のナビゲータのゆったりとした、静かでていねいな紹介はフレッシュで説得力が違います。
 Part1は昭和30~34年作品、2は昭和35~60年作品として19曲放送されました。最後の「東京ナイト・クラブ」を7除いて年代順です。

  恋人よ我に帰れ(S30)
  場末のペット吹き(S31)
  東京午前三時(S32)
  夜霧の第二国道(S32)
  有楽町で逢いましょう(S32)
  羽田発7時50分(S32)
  西銀座駅前(S33)
  公園の手品師(S33)
  こいさんのラブ・コール(S33)
  夜霧に消えたチャコ(S34)

  東京カチート(S35)
  君恋し(S36)
  霧子のタンゴ(S37)
  月火水木金土日の歌(S38)
  赤ちゃんは王様だ(S38)
  おまえに(S341,47,52)
  ウーマン(S57)
  あなたのすべてを(S60)
  東京ナイト・クラブ(S34,46,53)

 フランク永井の特番としては、年代、作曲家、ジャンルを可能な限りカバーした素晴らしい番組だったと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://frank-m.org/mt-new/mt-tb.cgi/646

コメント(1)

文四郎様

今回の「深夜便」もとても素敵でしたね。
命日になると毎年午前3時5分からナレーション付きのフランクさんの歌声に包まれる時間は私にとってはすごく幸せを感じる時です。そして、同時にフランクさんの歌唱力の素晴らしさを再認識する時でもあります。落ち着きのある声で紹介される楽曲の新鮮さが最高だと思います。故郷松山では「深夜便聴いたよ!フランク永井はいいね!!」と皆が言っています。大崎市松山の宝だと思います。フランクさんの深夜便の後には、いつも松山で暮らしていることが嬉しくなり...誇りに思えます。素晴らしい楽曲を次世代へ歌い継ぎたいと強く思っている私です。いつも心温かい発信をありがとうございます。  kyoko

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、文四郎が2020年10月31日 15:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「フランク永井が登場しない「BS-TBS 昭和歌謡ベストテンDX~吉田正特集」」です。

次のブログ記事は「フランク永井の似顔絵はいかがでしょうか」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。