城南海が歌う「君恋し」はいかがだろうか

| コメント(0) | トラックバック(0)
mx20190310.jpg

 城南海(きずきみなみ)。鹿児島県奄美市出身の若い実力派歌手。昨年9月に番組「昭和の名曲」で「君恋し」をエドアルドと歌った。
 彼女については若いゆえに筆者はうといのだが、テレビ番組「THEカラオケ・バトル」は観て知っていた。驚くべきことにここで百点を3度もたたき出したうえに、10週連続チャンピオンになった。この記憶は消えない。
 ともかく歌がうまい。うまい歌い手がカラオケで満点を取るというのは、評価するのがソフトウエア的な機械である(かどうかは知る由もないが)ゆえにそうとう難しいのだが、これをやってのけたのに目を見張った。
 つまり、彼女の歌のうまさが半端じゃない、機械をまでも感動させるレベルにあるということ。そして、みていていつも感心するのは、歌っているときの彼女の顔の表現であろう。その世界に入り切っている。
 すべてを自分がイメージした世界に投げうち、こころから没頭して歌の世界を表現している。このうっとりが観ているものを嫌味なく惹きつける。
 「君恋し」はブラジル出身の若き演歌歌手だ。彼と一緒に歌ったのだが、やはり城南海の歌に惹かれる。それにしても、城南海という漢字とよみのニュアンスは妙に一致しているのだが、初めて漢字を見た人は普通に読めないだろう。
 番組で歌ってと言われて歌ったのだろうが、ちゃんとアルバムでカバーとして録音しているのだろうか。まだなら、機会をみてぜひ出してほしいと思う。
 このブログでも「君恋し」テーマは何度も繰り返しているので、フレッシュなことは何もないのだが、それでももう少し触れてみたい。
 フランク永井がこれを歌って日本レコード大賞を得たのだが、リバイバル作品。最初は二村定一をはじめ何人かが歌ったもの。大正の末期に佐々江華が作詞作曲したものが最初。二村らが浅草の舞台で気に入ってよく歌っていたもの。
 当時ビクターは外国資本であまり邦楽には関心がなかったようだが、二村が昭和2年に吹き込み昭和3年の年明けの新譜として発売。これがよく売れ日本の音楽のレコードを次つぎとだすようになった。
 二村の吹き込んだ歌詞は時雨音羽が新たに作った。編曲井田一郎。これがフランク永井の元歌になるのだが、フランク永井のは彼自身のジャズ風のアイデアから三番をやめて、サビの箇所を繰り返すようになっている。
 「君恋し」のカバーは多数の歌手がカバーしているが、二村の原曲版かフランク永井の現代版かに分かれる。美空ひばり、石原裕次郎、小林旭などのカバーは原曲版で歌っている。レコード会社による版権が影響しているのかもしれない。
 さて、二村がレコード化したといったが、実はこの歌自身が日活、松竹、マキノ・プロダクション、河合映画作社等6社の競作映画の主題歌として歌ったもので、二村のは日活映画のほうの主題歌。
 実はこの昭和29=1929年に日本の映画「君恋し」4作(上記の映画会社以外の2社の作品は完成したのかどうか不明)の他に、米国映画「君恋し」(原題:The Man I Love)が上映されているのだ。
 日活映画は原作野村雅延で、三枝源次郎監督作品。ポスターは写真のとおりだが、「一字書き娘系図」改題。小唄映画(現代劇) と説明されている。そして、製作国:太秦と。太秦は国なんだ。。。
 そして、二村のものと思えるビクターの当時の歌詞票の絵(いくつもの種の版がある)が、何とも進んでいて?!なかなかだ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://frank-m.org/mt-new/mt-tb.cgi/557

コメントする

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、文四郎が2019年3月10日 16:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「古賀政男音楽博物館「大衆音楽の殿堂」に顕彰されているフランク永井(H21)」です。

次のブログ記事は「映画「君恋し」の鑑賞がU-NEXTで可能に。珍しいポスターとともに紹介」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。