10月はフランク永井月、NHKラジオ深夜便・NHK映像ファイル・CS衛星放送・BS-TBS・歌謡ポップスチャンネル等々

| コメント(0) | トラックバック(0)
mx20181027x.jpg

 10月は、フランク永井の亡くなった月ということで、偉大な功績をたたえてさまざまなイベントがある。何よりも、生誕地宮城県大崎市松山では、先に報じたように「第10回フランク永井歌コンクール・グランドチャンピオン大会2018」が盛大に行われた。
 松山にはふるさと歴史館があり、その一角に「フランク永井展示室」が常設されている。歌コンの開催中には毎年「フランク永井レコード鑑賞会」が臨時に開催されている。訪れるファンのリクエストを気楽に受け付けて、入り口ホールのコーナーでレコードを聴くことができる。
 フランク永井展示室は、訪れるたびに感激するのは、かならず展示室に変化をだしていることだ。決して飽きさせない。生誕地ならではで保存されている珍しい写真が展示されている。ときどきに実家を訪れ、地元での公演をしたときのもの。
 保存するレコードのジャケットが部屋の一面を埋め尽くしているのには圧倒される。活躍中に取得したレコード大賞や、発売して一年間で5万枚を突破したときにビクターが授与したビクターヒット賞。これはトレードマークのニッパー犬だが、それがずらっと並ぶ。当時の優雅な活躍がわかる。
 その他さまざまな展示品がファンを喜ばすことうけあい。展示室を訪れると、松山の方々のフランク永井に対する真摯な対応が伝わってくる。
 展示室と歌コンが開かれた体育館は歩いてわずか数分。そしてこの一角には地元の銘酒「一ノ蔵」がある。華の蔵というショップが置かれてにぎわっている。
 訪れるたびに「一ノ蔵」を手に入れる。飲みやすくて実においしい。一ノ蔵はそうした全国的な高評を持っていながらも、最近は新しい作品の開発にも手を抜かないようだ。
 一つは「一ノ蔵無鑑査」。もう一つは「すず音GALA」。筆者は飲むことしかできない。うんちくはその筋つうの技なので、ご興味のある方はそちらから。ただ、今どきの若者、女性から特に好評と聞く。味わってみているが特筆ということで、フランク永井歌コン現地ルポの勢いで触れてみた次第。
 さて、この10月はフランク永井功績に敬意を払いラジオテレビでもさまなざな番組が組まれる。NHKラジオ深夜便は毎年、命日の27日前後に特集が放送されて人気だ。今年もラジオ深夜便を含めて次のような特集がわかっている。
■【再放送】NHK映像ファイル あの人に会いたい フランク永井(歌手)
 10月27日(土)午前5時40分~ 午前5時50分 NHK
 11月 2日(金)午後1時50分~ 午後2時00分 Eテレ
■NHKラジオ深夜便 フランク永井ジャズ+フランク永井作品集
 10月27日(土)2時台 フランク永井ジャズ・ポップスを唄う
 10月27日(土)3時台 昭和歌謡往年の名歌手フランク永井作品集
■煌く日本の歌手~わが心の演歌~ #10 フランク永井 篇
 11月02日(金)12:00~12:30 CS329 歌謡ポップスチャンネル
 11月21日(水)07:00~07:30 CS329 歌謡ポップスチャンネル
■【再放送】昭和の巨星スペシャル 吉田正
 11月04日(日)19:00?20:54 BS-TBS
■【初テレビ放送】幻の蔵出し映画館「青い国道」
 11月 8日(木)12:30~ CS219衛星劇場
 11月21日(水)04:00~ CS219衛星劇場
 11月27日(火)18:30~ CS219衛星劇場
 すでに放送されたラジオ深夜便。2時台はジャズ・ポップスということで「オール・オブ・ミー」から「恋の気分で」まで。特にリサイタルなどライブからの音源も含めて、従来にない選曲で構成されたのは画期的といえる。けっしてフランク永井の代表的な洋楽にこだわらない、番組編成の取り組みには拍手だった。
 3時台の歌謡曲と含めて2時間を費やした。フランク永井の昔からのファンだけでなく、若い層にも刺激を与えたに違いない作りであった。
 他は再放送が目立つが、注目したいのは【初テレビ放送】幻の蔵出し映画館「青い国道」だ。これはぜひ観たいのだが、スカパーであるために筆者にはその環境がないのが残念。「青い国道」は1958(S33)年にリリースされたレコード。決してレコード自身は大ヒットではなかったようだが、日活映画の主題歌だ。
 この時代の映画はレコード同様生産が多数で、今のテレビ2時間ドラマのようなもの。関門トンネル開通にからめた男の友情をテーマにした歌謡娯楽映画。
 別項でも触れたのだが、当時の映画は今嫌われモノになっている喫煙、放送コードに触れるセリフ、女性蔑視のようなものとかが多く、そうした映像を現代で楽しむには壁がある。ビデオ化もされないケースが多い。地上版のチャンネルでは今後も登場しにくい。
 ゆえにフランク永井が出演した映画を容易に楽しめない。だから有料のスカパーのチャンネルでの放送であっても貴重といえるのだ。あの時代には普通のなにげない出来事が、時代が変われば、やれセクハラだとか、やれ喫煙はガンの原因になるとか、と自主規制する。
 貴重な大衆文化の遺産としてみたときに、そうしたものが安易に封印されてしまうのは、ちょっと行き過ぎのような感じをうけるのだが、いかがなものだろうか。それでいて、小林旭のシリーズ映画のような、ギターを背負うのはいいとして、カウボーイ・ハットでピストルや機関銃でガンガン、馬に乗って...というのは許されDVDになっている。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://frank-m.org/mt-new/mt-tb.cgi/538

コメントする

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、文四郎が2018年10月27日 17:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「第10回フランク永井歌コンクール・グランドチャンピオン大会2018が盛況に開催」です。

次のブログ記事は「うれしことに、柏原芳恵がフランク永井の「おまえに」をカバーしていた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。