記念すべき10回目の「フランク永井歌コンクール」10月20・21日開催発表

| コメント(0) | トラックバック(0)
mx20180504.jpg

 フランク永井の生誕地である宮城県大崎市松山で、毎年十月に開催されている「フランク永井歌コンクール」についての開催要項が発表された。下記に全文を転載するので、ご参考ほどを。
 歌コンは今年で記念すべき十回を迎える。2011年の東日本大震災が同年の開催の直前にあったことから1年の延期があったため、正式な開催から11年間継続したことになる。
 フランク永井という偉大な歌手の名を冠したユニークな催しで、しかも地元の多数の人が参加して開かれる手作りのイベントだ。
 今年は今までのような参加者による歌唱に加え、過去9回までの大会優勝者によるチャンピオン大会がある。優勝者全員のすばらしい歌唱を一堂に会する聴けるというのは、なんとも迫力満点である。もともとフランク永井のファンで大の歌好きばかりだから、この間も歌への没入は当然で、おそらく大いに進化している。それがどう披露されるのか、いまから期待が膨らむ。
 チャンピオン大会があることから、従来のコンクールはやや小さめにならざるを得ず、参加者も若干少なくなる。過去の優勝者の歌をみると、フランク永井のヒット曲が広く入っていて、決してあくことがない。きっと前段に行われる参加者による歌はさらにさまざまな曲が歌われると期待できる。
 フランク永井の曲についてカラオケが少ないというのはたびたび話題にしてきたが、最近はカラオケ店でも希望を受けて少しずつだが増加してきたようである。さらに、なんといっても熱心なファンは、カラオケがないなら自前でということで、カラオケを用意されていると聞く。
 楽譜がない場合でも、採譜をして楽器のパートまで用意して演奏を仕上げる方がいて、そうしたところに依頼して用意するという。聞いていて頭が下がる思いである。
 しかも、この歌コンに年間を通じてエネルギーを注いでおられるファンも多い。こうした方々は開催のずっと前から、エントリー曲選びをし、カラオケ店に通って練習を絶やさない。このような方々の努力は、やがて大会での入賞に結実するに違いない。
 会場は遠方から駆けつけるにはやや大変かもしれないが、行けば必ず地元の親切であたたかい素朴な歓迎に会う。くったくのない方々とフランク永井についての熱い会話をすれば、松山は忘れられなくなうこと請け合いだ。
 まだ、十分に時間があるので、初めての方ものどに自信がある方はぜひとも挑戦してほしいと願う。

第10回「フランク永井 歌コンクール」記念大会 開催要綱
1.趣 旨
 松山の宝、大崎の宝、日本歌謡界の宝であるフランク永井の歌コンクールを開催する。多くの人々が要望している、昭和歌謡界が誇る低音歌手フランク永井の歌を歌い、聞き、歌い継ぐことを通じて大崎市の地域づくりに大きく貢献していきたい。
2.主 催 
 大崎市松山まちづくり協議会、フランク永井歌コンクール実行委員会
3.後 援 
 大崎市、大崎市教育委員会、ビクターエンタテインメント、日立市吉田正音楽記念館、吉田事務所、大崎市松山文化協会、大崎市松山観光協会、大崎商工会、鳴子温泉郷観光協会、大崎タイムス社、河北新報社、朝日新聞仙台総局、産経新聞社東北総局、毎日新聞仙台支局、読売新聞東北総局、KHB東日本放送、仙台放送、TBC東北放送、ミヤギテレビ、大崎ケーブルテレビ (順不同)
4.協 賛
(株)一ノ蔵、仙台味噌醤油(株)、みどりの農業協同組合、(株)プロスパイン(順不同)
5.主 管 
フランク永井 歌コンクール実行委員会、大崎市松山まちづくり協議会教育文化部会
6.日 時
 ◎予選会 :平成30年10月20日(土)10時~17時30分 20名選出
 ◎決勝大会:平成30年10月21日(日)10時~12時30分 20名で決戦
 ◎10周年記念大会「グランドチャンピオン(G・C)大会」:
       平成30年10月21日(日)13時~15時
7.会 場
 大崎市松山体育館(住所:〒987-1304 大崎市松山千石字松山34-1)
8.応募方法 
 フランク永井の曲(オリジナル曲)を歌唱する方は、どなたでも参加出来ます。
 お申込みは、申込み用紙に歌唱曲名、住所、氏名他必要事項を記入し、現金書留に参加料、自前で用意したカラオケテープまたはCDを添えて事務局まで申込んで下さい。
 (申込後の曲目変更はプログラム編成の都合上認められませんのでご留意下さい。)
 過去大会優勝者の方々には申し込み用紙を送付致しますので必要項目(曲名は優勝曲)と「優勝時の思い出」を記入し、カラオケテープもしくはCDを添えて事務局までお申し込み下さい。
 尚、テープ審査は行いませんので、くれぐれもカラオケテープ・CDに自分の歌声を吹き込まないで下さい。
9.参加料
 ○4,000円(デュエットの場合は、5,000円)
 〇出場申込書は第9回歌コンと同じです。
10.応募期限
 ○平成30年7月1日(土)から平成30年8月31日(木)まで。
 ○先着110組で締め切りとします。例年より少なくなります。
11.申込み先(事務局)
 〒987-1304 大崎市松山千石字広田30 松山総合支所第二分庁舎内
 フランク永井 歌コンクール実行委員会事務局
 TEL:090-1492-0438(松元)0229-25-4774(浅野、片岡)
12.審査選考 
 予選会 :フランク永井の曲2番までを歌唱審査し、20組を選びます。
 決勝大会:予選会と同じ曲を2番まで歌唱審査し、入賞者を選びます。
 G・C大会:第一回~代10回までのチャンピオン10名で優勝曲を2番まで歌唱し入賞者を選びます。
13.審査員の先生方
 審査員長:ビクター歌謡音楽研究会 東京本部特別講師 白井伸幸先生
 審査員 :県内の作曲並びに編曲家 大森一夫先生・千葉有一先生
14.表 彰
 10回決勝大会
  優 勝:1名  賞状+トロフィー+副賞
  準優勝:1名  賞状+トロフィー+副賞
  第3位:1名  賞状+トロフィー+副賞
  特別賞:若干名 賞状+トロフィー+副賞
  参加賞:出場者全員
 G・C大会
  優 勝:1名  賞状+トロフィー+副賞
  準優勝:1名  賞状+トロフィー+副賞
  第3位:1名  賞状+トロフィー+副賞
  参加賞:出場者全員
15.入場券
 予選会券 500円
 決勝大会 1,200円(当日1,400円)
 共通券(予選会&決勝大会G・C大会まで)1,600円
16.その他 
・参加申込者には、応募締め切り後9月15頃に案内状(連絡事項)をお送り致します。
・審査結果に関してのお問い合わせについては、一切お受け致しませんのでご了承願います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://frank-m.org/mt-new/mt-tb.cgi/512

コメントする

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、文四郎が2018年5月 4日 12:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「海外のフランク永井人気は台湾が一番か。ネット別世界「ニコニコ動画」で広がり続けるカバー映像を観る」です。

次のブログ記事は「フランク永井「公園の手品師」SP盤を最高の音で楽しみ、一気に昭和30年代初期へ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。