吉田正の霧子は五木ひろし「銀座シティ・エアー・ターミナル」に受け継がれたのか

| コメント(0) | トラックバック(0)
mx20180421.jpg

 「霧子のタンゴ」は言わずと知れたフランク永井の代表曲のひとつ。吉田正が数少ない自ら作詞したもので、好きなタンゴのメロディーに乗せた名作だ。
 タンゴでありながらも比較的フラットなしらべに、ほとんど意味不明というか抽象そのものの歌詞でできている。つまり歌い手の技量にその表現をゆだねている。
 吉田学校の生徒に歌わせてはその歌唱力と傾向を確かめたようだ。いわば師から生徒へのきつい挑戦状だ。最終的には愛弟子のフランク永井が期待通りにクリアして、1962(S37)年にリリースされた。
 このB面は平尾昌晃の「哀愁のバイパス道路」。平尾は自著で「「霧子のタンゴ」は私に向けてつくられたもの。ディレクタがフランクのほうがあってるといって...」と残念がった。
 まあ、平尾歌唱のイメージも「霧の摩周湖」の連想でわからないでもないが、やはりフランク永井の「歌い」にダントツで旗が上がる。それはこの曲をフランク永井が歌うことで、相当な新鮮さをアッピールできたからだ。
 どうも、ある程度の色というか個性がある歌手が歌っても、その色の強さが目立って、フレッシュさにならないところがある。そこをフランク永井は不思議な抑揚表現で、師匠の想定以上を表して見せたものだ。
 霧子のタンゴは翌年早速に純愛ドラマに脚色されて今も健在の松原智恵子主演で、日活から映画化された。この映画はDVD化されているので、いつでも鑑賞できる。
 「霧子のタンゴ」はどこでも人気で、フランク永井がライブでは台湾公演時に自ら英訳作詞したという英語版をたびたび歌っている。そして1977(S52)年の歌手生活21周年記念リサイタルでは「霧子のタンゴパートⅡ」(吉田正作)を披露した。
 以前も紹介したが「霧子のタンゴパートⅡ」は、さすがといえるフランク永井の自信にあふれる歌唱が観客を魅了した。
 フランク永井の恩師吉田正は、霧子という仮想の女性名には入れ込みが深かったものと思える。キリコという名の女性は確かに珍しいが存在しないわけではない。だが霧子という漢字名ではないのが多い。
 夜霧の第二国道に代表されるように、霧は吉田正が「都会派」と言われるメロディーの確立と切れない関係にある。一時期「夜霧の...」というのがフランク永井を連想するような時代もあったのだ。
 もちろん、他のレコード会社は「独占させてなるものか」と霧を使った歌を人気歌手に歌わせて競った(傑作は裕次郎が歌った「夜霧よ今夜も有難う」)ので、決してフランク永井の独占ということではないのだが、そういう雰囲気があった。
 特定の女性名を付けた歌は多数存在するが、霧子はやはりフランク永井だろう。
 ところが、1984(S59)年、徳間ジャパンと五木ひろしが吉田正の偉大さを称賛してジョイントを提案、五木ひろしが吉田メロディーを歌うというアルバムが実現する。
 「いま、生きている...新たなる感動~霧子のタンゴ」というLP。ここにはフランク永井をはじめ吉田の生徒に送った10曲が収められているのだが、さらに2曲のオリジナルが入っている。
 星野哲郎作詞吉田正作曲「法師の宿」と、吉岡治作詞五木ひろし作曲吉田正編曲の「銀座シティ・エアー・ターミナル」である。
 「銀座シティ・エアー・ターミナル」に、吉岡治の描いた霧子が登場するのだ。
 「...霧子、赤い真珠の霧子、忘れはしない...」。
 タンゴではない。五木の作曲なだけに、五木節がうまく表現された曲になっている。吉田正の編曲もいい。
 ちなみに、このLPは1997年にCD化され「吉田正作曲生活50周年記念吉田正作品集「有楽町で逢いましょう」として復刻されている。新たに吉田作品2点が追加されものだ。
 五木ひろしは現役歌手としては70歳をむかえ活躍中だ。現在の歌謡界では生き字引のような、知識・体験豊富な方だ。
 フランク永井のささやくような、包み込むような、ソフトな表現でありながらも、聴く人に安らぎをあたえる歌い方と、五木のは対照的だ。
 五木節として今では定着しているが、ファンは分かれる。一言でいえば、技巧先行が鼻についたりする点だといわれる。彼ならではの鍛えられた喉はまるで手品のように抑揚、硬軟を表現する。これが視聴者の胸をダイレクトに揺さぶるために、一様にとんがり、癒しにならない。歌に癒しをたくすような世界ではないし、そもそも歌は嗜好品だから。歌に癒しを別に求めないという人からは称賛されるので、その存在は大事なのかもしれない。
 この時以来五木は吉田を尊敬し、他にも自らの芸能生活40年を記念して「哀愁の吉田メロディーを歌う」を2004年に発売している。ここでは、先に紹介した曲含み(銀座シティ・エアー・ターミナル以外すべて)、18曲が収まっている。吉永小百合がナビゲートした異色のカバー集になっている。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://frank-m.org/mt-new/mt-tb.cgi/509

コメントする

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、文四郎が2018年4月21日 13:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「フランク永井はユーチューブの世界で今も健在」です。

次のブログ記事は「海外のフランク永井人気は台湾が一番か。ネット別世界「ニコニコ動画」で広がり続けるカバー映像を観る」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。