2018年3月アーカイブ

mx20180330.jpg

 フランク永井が藤山一郎とデュエットした映像は、別項でも紹介したことがあるが、何年か前にどなたかから見せていただいたことがある。
 先日フランク永井ファンとして以前から交流をもつUさんが、その元映像であるものを見せてくださった。うれしい限りで感謝に耐えない。それが、1975年1月にNHKから放送されたビッグショー「藤山一郎」。最近に歌謡専門チャンネルで再放送されたとのこと。
 藤山一郎は複数回ビッグショー主演しているが、この回の番組ではフランク永井がメイン・ゲストであったものだ。藤山が指導合唱団があって、その合唱団の一員になってフランク永井も歌うというシーンから登場する。
 合唱団で何曲か歌った後に藤山と二人のトーク。珍しいアントニオ古賀のギターによる歌唱、日本風の情緒豊かな茶室での風景が飛び込んだりする。
 そうしたなかで、君恋しが歌われるという趣向だ。藤山は戦前学生時代からの人気歌手で、君恋しは何度も歌っている。「君恋し」(作詞:時雨音羽、作曲:佐々紅華)は1929(昭和4)年に浅草オペラの人気歌手の二村定一が歌って大ヒットした曲。
 なので、この番組では当然藤山が歌ったときの編曲でうたわれたし、フランク版ではずされた三番の歌詞入りである。「...燕脂の紅帯緩むも哀しや...」という、たいへん味わい深い時雨音羽の歌詞が楽しめる。
 現代版にするときに、やや難しい表現が大胆に外されたのは惜しい気もするが、この個所をフランク永井が歌ったのもここでなので、大変貴重な映像かもしれない。
 「酒は涙か溜息か」「僕の青春(はる)」「青い背広で」「なつかしの歌声」「青春日記」「東京ラプソディ」「ギターが私の胸で」「浜昼顔」「神田小唄」「影を慕いて」「男の純情」といった藤山一郎の代表曲が楽しめる。
 誰が最初に言ったのか「楷書の歌手」と藤山一郎を表した。言いえて妙というのかも知れないが、確かに藤山は戦前から戦中戦後の声楽界のエース的存在で人気を得た。
 映画主題歌「青い山脈」などは、そのはきはきした歌唱、滑舌のよい通る明るい声は、人々の気持ちを明るくする象徴だった。
 戦後の歌手フランク永井との活動の重なりは少ないのだが、やはり「君恋し」だ。藤山は学生時代から変名で歌いコロンビアと縁が深かった。だが卒業後はビクターに入る。コロンビアは君恋しの作家である佐々紅華と時雨音羽をビクターから引き抜く、などということもあった。
 その後コロンビア時代のコンビ古賀政男がテイチクに移っていたことからそこで活躍する。「東京ラプソディ」などのヒットを重ねるが、ふたたびコンビはコロンビアへ移る。
 藤山と同時代にライバル視されたのはポリドールの東海林太郎。東海林も燕尾服にマル眼鏡に直立不動という姿勢での、味わいのある歌唱を数多く残した。
 そんなことをつらつらと思い浮かべながらの「ビッグショー藤山一郎」の鑑賞を楽しんだ。
mx20180323.jpg

 先日テレビ欄を見ていたら「フランク永井」の文字が出ていた。こりゃ何をさておいても見なきゃ、ということで楽しんだ...、という書き出しは前回のものだが、なんとその次の週でもテレビ欄にその文字を発見。
 年に幾度も出ることがないはず?だったのに、翌週もというか、まだ3月なのに連続2回。。。。今年はテレビ番組でのフランク永井の露出が期待できるのか、どうかはわからないが、妙にうれしい気持ちになってみてしまった次第。
 BSジャパンの「武田鉄矢の昭和は輝いていた」は人気番組だ。昨年2月に放映された「吉田正と遠藤実特集」が再放送された。基本的な番組の内容は昨年ここでその紹介したとおり。
 歌は世につれ、世は歌につれ、とはよく言ったものである。作曲家も作詞家も編曲家も歌い手も、残した歌で評価される。当然周囲の売り込みはし烈になされるのだが、結果として世に受け入れられた歌ですべてが決まる。
 流行歌全盛時代といえば、いろいろな見方もあるだろうが、1960~1970年代のこの時期の歌で主役といってもいい人気歌の作り手は、確かに吉田正・遠藤実と船村徹だった。番組ではビクター、キング、コロンビア、クラウン...というレコード会社の競争を並列してあげている。
 吉田正はビクターだが、遠藤実は複雑だ。17歳で上京流しの演歌師を経験する。日本マーキュリーで作曲、その後日本コロンビア、太平音響からミノルフォンへ。さらに名前は徳間音楽工業へ。日本音楽作家協会を設立した。作曲家では古賀政男、服部良一、吉田正に並び受賞した。
 橋幸夫が当初遠藤を師としていたがデビューテストでかなわず、ビクターの吉田正に託したのは有名だ。遠藤が橋に用意していた芸名が舟木一夫。この名にそうとうな思い入れを持っていて、後日御三家の一角をしめる舟木一夫を見出し、コロンビアから売り出す。
 吉田正はビクターで吉田学校と呼ばれるように多くの吉田門下の人気歌手を育てて売り出す。遠藤は舟木だけでなく、レコード会社の壁を越えて多数の歌手に歌を書いた。
 ミノルフォンでは橋とも組んで事業を展開した。橋に歌も書いた。だが、事業家としては思ったような展開ができたわけではない。しかし、遠藤の残した歌と歌手をみればその偉大さがわかる。
 筆者が勝手に選んだのは下記だ。どれもが大ヒットものだ。しかも遠藤の歌は日本人が日本語で歌うときに、その歌いやすさは群を抜いたものがある。しかも、メロディーとして日本的なテーストがしっかり組み込まれているだけに、多くの人の心に自然になじむ。
 お月さん今晩わ(藤島桓夫1957年4月)
 からたち日記(島倉千代子1958年11月)
 浅草姉妹(こまどり姉妹1959年11月)
 アキラのズンドコ節(小林旭1960年)
 おひまなら来てね(五月みどり1961年5月)
 若いふたり(北原謙二1962年8月)
 高校三年生(舟木一夫1963年7月)
 ギター仁義(北島三郎1963年8月)
 青春の城下町(梶光夫1964年)
 星影のワルツ(千昌夫1966年3月)
 こまっちゃうナ(山本リンダ1966年11月)
 新宿そだち(大木英夫・津山洋子1967年10月)
 長崎恋ものがたり(春日八郎1972年)
 せんせい(森昌子1972年7月)
 くちなしの花(渡哲也1973年8月)
 すきま風(杉良太郎1976年10月)
 北国の春(千昌夫1977年4月)
 夢追い酒(渥美二郎1978年)
 雪椿(小林幸子1987年6月)
 さて、フランク永井はビクター故であるとともに、その専属吉田正の愛弟子であるが故に、フランク永井には曲を作っていない。だが、フランク永井は遠藤の作った曲のカバーを歌っている。いずれもが味わい深く、すばらしい出来だ。下記の6曲。
 くちなしの花、すきま風、みちづれ、水割り、北国の春、夢追い酒
 ゲストに「南国土佐を後にして」を歌ったペギー葉山が元気に出ていたが、この番組が放映された(昨年2月)後まもなく永眠した(4月)。番組はこの歌のルーツやペギーが初めてうたったときのエピソードも、しっかり追っていて貴重な追悼にもなっていた。
 戦後歌謡界で忘れてならない大作曲家は船村徹だ。番組ではしっかりと船村の地位と栄誉を紹介している。彼も昨年の放送からわずか1週間後に冥界に入った。
mx20180317.jpg

 先日テレビ欄を見ていたら「フランク永井」の文字が出ていた。こりゃ何をさておいても見なきゃ、ということで楽しんだ。それは、BS11「あの歌この歌~時代が生んだ名曲たち~1961年」(201803)。
 ある年に焦点をあてて、その年にはやった歌を取り上げながら、当時の世相を紹介するという番組だ。
 今BSを含めると歌番組は多い。筆者らの老いた年代のものにもその気にさせる番組はあるのだが、嗜好の激しい年代だけに出演者が気になる。出演者は新聞の番組表でしか判断できないし、その見出しとあわせて、かけ事をするように連想して判断するしか手がない。
 もしかして、テレビ番組表が記載された冊子とかインターネットで見るとかあるのだろうけど、年寄りはそんな面倒はしない。紙面の文字をみて連想するカンだけだ。
 新聞は毎朝読む。政治、経済、スポーツが入り、社会の順でみる。最後はテレビ番組表。まあ、ときどき見落としして残念がることはあるが、ここで判断する。
 ファンの「フランク永井」の文字をみることはほとんどない。マレなので、眼に入ったときは時に、声まで上げる、というような塩梅。
 いくらムード歌謡の冥王とはいえ、舞台を降りてからも30年余年経過するから、紙面にその字が躍るのは年に何度もないからだ。その分野ではビジュアルで突出する裕次郎とひばりの突出に隠れてしまうことが多い。
 さて、今回の番組をじっくりと楽しんだ。
 1961年という年は激動の時期で、フランク永井の「君恋し」は確かに日本レコード大賞を得たのだが、その他の歌や歌手や事件がきらびやかというか、華々しいのがそろっていて、フランク永井・君恋しがトップだよと先頭に取り上げられること自身がまれなのだ。
 番組での紹介されていたが、柏戸大鵬同時横綱昇進、巨人大鵬卵焼き人気、東洋の魔女鐘紡バレーボールチーム、米国のテレビドラマの吹き替え放送人気。
 前年の1960年は「安保反対闘争」が頂点を迎えた年でもある。歌の世界では、見出しの「和声ポップス元年歌謡からドドンパへ」のごとき、戦後の「日本調+ジャズ」一色から大きな様変わりの変換期だった。
 番組はこのあたりの雰囲気を実によく表現していた。
 戦前戦後の歌謡曲は同時に日本に駐留した米軍の兵士に慰安を提供するキャンプでの仕事が洋楽を運んできた。ひとくくりでジャズといわれたが、ロックからシャンソンからカントリーから映画音楽からまぜこぜだ。
 洋楽は米兵を楽しませながらも、GHQの日本人の文化再生計画と協力に結合して、米国への憧れを演出するツールになった。楽曲もドラマも当時は著作権なしで大量に流れ込んだ。後に当時の使用料まで求められるのだが。
 映画やドラマは吹き替えの文化により日本人でも十分に楽しめた。この吹き替えのパワーは世界段トツの力量になる。歌の世界では漣健児による超訳が受け入れらてて、日本人の歌にあざやかに変身した。
 この世界の変換期にもうひとつの分野が流入してきたのが「懐メロ」だ。この言葉自身は後につけられたものだが、日本人による日本的な名曲のかずかずを当時の人気歌手が、つぎつぎとカバーして歌ったのだ。
 フランク永井の「君恋し」はその一つだが、突出していて日本レコード大賞にまでなったのには訳がある。それは、フランク永井がジャズを志向してきた歌手としてそのセンスと高い歌唱力があったこと。さらに編曲の名手たるビクターの寺岡真三が、原曲のイメージを極限までひきあげたジャズ風のものに完成したことだ。
 この大胆なアレンジとジャズ風のフランク永井の歌唱が、まるで新曲のように受け入れられたことだった。本来カバーを賞の対象にすることは想定していなかったのだが、フランク永井の「君恋し」には皆が認めてしまうだけの印象を与えたのだっが。
 1961年のシングル・ランキングという表をみて明らかなように、そうそうたる曲だ。どれもがトップになってもおかしくないような曲だ。特に「上を向いて歩こう」とか「銀座の恋の物語」などは「君恋し」を横に置いて先に紹介されることが多い。
 活躍していた人たちというリストもすごい。皆当時を代表、あるいはこの時期から著名になったエンターテナーだ。観ながら、ちびりちびりと口にする酒による頭のしびれと、テレビ画面に映るここちよい「君恋し」が重なる。
mx20180303.jpg

 1967(S42)年日本ビクター創立40周年を記念して、当時の人気若手歌手による「想い出のレコード」が発売された。歌ったのはジャケット写真にあるように、フランク永井、吉永小百合、松尾和子、三田明の4人。作詞作曲は佐伯孝夫と吉田正のコンビ。
 この曲がこのほど復刻された。フランク永井の恩師吉田正の同じ門下生であった吉永小百合が、このほど55周年を迎えた。同時に映画「北の桜守」が封切られた。「北の桜守」は先の「北の零年」「北のカナリアたち」とともに作られた三部作の完成編にあたる。
 サハリンから引き揚げて北海道に生活する。失われた記憶をたどる旅。時代にほんろうされながらも、凛とした人間の矜持をまもって生きる。吉永小百合主演の映画だ。
 シベリア抑留から帰国してビクター専属となった吉田正を想起する。彼の指導でリリースされた「寒い朝」をはじめとする、吉永の歌った歌とNHK紅白に残された映像(4本のみ)が記念してビクターから発売された。
 吉永小百合といえば、思い出されるのはまずラジオ赤胴鈴之助のことだ。テレビなどなかった時代、子供にとっては夕刻のここTBSドラマは大変な人気だった。少年画報に連載されていた漫画で、竹内つなよしの画だ。筆者は写真の当時の付録を所有しているのが自慢だ。
 このドラマの千葉道場の娘さゆりを演じたのが吉永小百合。後に有名になる大平透、宝田明や藤田弓子に共演している。語りも山東昭子という豪華もの。イントロに印象的な主題歌を聴くだけで興奮したものだ。「名を名を名乗れ!...赤胴鈴之助だ!」と皆真似た。
 ちなみにこの主題歌はビクターの曽根史朗も歌っているが、それは映画だったかもしれない。
 映画では「キューポラのある街」をはじめ当時の若者の姿を演じる映画では、吉永は光っていた。ひっぱりだこだった。その多忙の中で歌も歌わされたわけだが、決してうまくはないのだが、キリっとしたところを主張した個性的な声は印象的だった。
 その後映画に追われ、声も出なくなったりする時期を経過し、その後歌はきっぱりと歌わなくなった。今回の記念CDは当時の歌った歌のベスト17曲だ。「想い出のレコード」はその一曲。フランク永井や松尾和子とともに歌った唯一の曲だ。
 フランク永井は1960(S35)年に「78回転のSPレコード」(宮川哲夫作詞渡久地政信作曲)というのを出している。これは78回転のSPレコードによる発売をこの年に終え、全面的にEPとLPに替えていったのを記念して歌ったもの。
 当時のレコードや映画は娯楽メディアの中心だった。「北の桜守」は観にいこうかな、などと思いつつ、当時に思いをはせた次第。

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、2018年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年2月です。

次のアーカイブは2018年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。