2017年10月アーカイブ

mx20171028.jpg

 2008年10月27日にひっそりとフランク永井は目を閉じた。この命日にあたる10月はフランク永井にちなんだ催しが重なる。すでに9回を迎えた「フランク永井歌コンクール」は激しい雨が屋根をたたく中で盛大に催された。
 そして命日の27日午前3時から、例年のことではあるがNHKラジオ深夜便で思いを寄せた「フランク永井特集」が放送された。3時台は「にっぽんの歌こころの歌~思い出の歌謡スター」というコーナーである。
 当日のナビゲータはNHKで長らくテレビのニュースの顔を務めた桜井洋子アナウンサー。
 流された曲目はフランク永井の初期のヒット曲を中心に10曲。昨年にビクターエンターテインメントから発売された「懐かしのフランク永井~A面シングル・コンプリート」から使われた。
 
 01_1958:VICL-64528 西銀座駅前
 02_1958:VICL-64528 東京午前三時
 03_1958:VICL-64528 羽田発7時50分
 04_1958:VICL-64528 有楽町で逢いましょう
 05_1958:VICL-64529 こいさんのラブコール
 06_1959:VICL-64529 夜霧に消えたチャコ
 07_1960:VICL-64531 東京カチート
 08_1961:VICL-64531 君恋し
 09_1963:VICL-64532 赤ちゃんは王様だ
 10_1965:VICL-64534 妻を恋うる唄
 「赤ちゃんは王様だ」は第5回日本レコード大賞歌唱賞に輝いた曲。この年の大賞は梓みちよの「こんにちは赤ちゃん」。なぜに赤ちゃんテーマ寄りだったのかは分からないけど、こんにちは赤ちゃんには脱帽だ。森永乳業のテレビコマーシャルで長く歌われていた。フランク永井はこの時期、服部公一作品を集中的に歌っていて、おじさんシリーズでLP「フランクおじさんといっしょ」(1961:SLB-13)を出している。
 フランク永井のやさしく、ソフトな声がこども向けに大成功をしているのだが、やはり夜の男女の愛と別れをたっぷりとムードを込めて歌うという売りと、かぶさるのを嫌ったのか、これきりになってしまった。
 ちなみに「赤ちゃんは王様だ」の当時のEP盤が手元にない。ソノシート盤はいくつもあるのは、当時安価でよりひろく幼児や小学生に聴かせたかったのだろう。
 
デビューしたのが1955(S30)。上記の曲で最初にリリースしたのが「東京午前三時」でその二年後。同年に「羽田発7時50分」を出しているが、初めて大きく売れたのは「有楽町で逢いましょう」だ。これでいちやくというより、爆発的な人気者になり、さかのぼっての曲が売れていった。
 これ以来、まさに売れっ子になるのだが、恩師吉田正の底力を指摘したい。吉田は後に帝王と呼ばれるほどのヒットメーカーになり、歌謡界をリードしていく。この吉田が作曲家としてやっていけるという自信を得たのが「有楽町で逢いましょう」(佐伯孝作詞)の成功。
 この吉田正がフランク永井を見出し、作曲家の佐伯とのコンビで次々と精魂込めた力作を作っていく。これをフランク永井が想定を超える歌唱で応えていく。こうした中で、後世に残る名曲がわずか数年の間に世に出されたのだ。
 「こいさんのラブ・コール」は労音ライブと大阪で大きな歌声普及運動でもあったABC朝日放送の「ホームソング」が生んだ傑作だ。現地大阪の石浜恒夫作詞、大野正雄作曲で、フランク永井の関西地域での人気を定着させた。
 「夜霧に消えたチャコ」は吉田正の親友でもある異才渡久地政信の作品だ。これは第1回レコード大賞歌唱賞を得た。映画化された。「俺は淋しいんだ」「ふるさとの風」をはじめ多数の作品をフランク永井は歌っているが、彼の歌唱のすばらしさはじっくり聴けば聴くほどつたわる。
 深夜の時間帯には強いというファンもいるが、筆者はとんとダメだ。ならばといつも録音に挑戦するのだが、成功したためしがない。今回は後半だけが成功したが、結局はいつも録音してくださる知人にまた頼ってしまった次第。
 ラジオ深夜便でフランク永井を担当するのは初めてとも思うが、桜井アナのナレーションを期待して聴いた。
mx20171023.jpg

 22日決勝大会コンクールの結果は下記のとおりです。おめでとうございます!
 優 勝 武田夏子 「公園の手品師」(大崎市古川)
 準優勝 今野中道 「冬子という女」(仙台市)
 第3位 岡田順介 「こいさんのラブ・コール」(千葉県佐倉市)
 特別賞(3名) 神永世四郎「夜霧に消えたチャコ」(茨城県笠間市)
     屏 幸恵「初恋の詩」(福岡県苅田町)古川和男「羽田発7時50分」(仙台市)
 今年の歌コン開催日は、突然の衆議院解散による投票日と重なったばかりか、夏の異常気象で苦しむ人々に追い打ちをかけるような台風接近が重なった。だが、フランク永井のファンの気持ちは負けてない。
 130組の挑戦者の締め切りは短期間でなされた。希望が例年になく多かったのだ。しかも今年の特徴には注目したい。それは第一に女性が多かったこと。第二に若い世代からの挑戦者があったこと。第三に新曲への挑戦者が増えたことだ。
 毎年最終審査中の間合いのアトラクションには、定例で地元松山中学校吹奏部の演奏がなされているのはもとより、2名高校生の挑戦があった。「霧子のタンゴ」「公園の手品師」が歌唱された。何とも頼もしい限りである。
 フランク永井の活躍した時代を支えたファン層は高齢化がすすみ、どうしても受け継いで欲しい若い世代の新たな世代が欲しい。そうした熱望を確かにうけとめ、行動している若い世代が、しかも地元で着実に広がっているあかしだ。
 これは、フランク永井が偉大な歌手であったことは言うまでもないが、フランク永井の人としての静かな魅力が共感を得ていることも大きい。筆者が接した地元の人びとがそろっていう。舞台に立ったら別人だが、いったん場を離れたら、人懐っこい、飾らない、温かい、気配りがきくという。
 時代が閉塞感からせかせかしているなかで、生きていくのに人として必要な何か、ホッとするものを感じさせてくれるのだと。「おまえに」という歌のなかで「...そばにいてくれるだけでいい...」という、そんなのがフランク永井だという。
 筆者はうなずくばかりであった。女性の挑戦者が目に付いた。これは先のことに加えて、フランク永井が歌った歌の素晴らしさだろう。活躍した当時の膨大な歌でもヒットした曲は質が高い。
 当時の作詞家、作曲家、編曲家、プロデューサらの一団が大変なつば競り合いで歌を作った。フランク永井の「低音の魅力」を最高に引き出すためだ。フランク永井が歌って「聴かせる」のは当然だ。それがキーの異なる女性の歌声になると別の魅力が生じる。
 今回に優勝した武田さん歌唱の「公園の手品師」などは普遍的な静かな魅力がある曲だが、女性の伸びのある歌唱でさらに新鮮な隠れたものを引き出している。歌い継がれるにはフランク永井でない声と音質、若いあるいは異性が歌っても映えるものが必要になる。そうした華がフランク永井の歌い残した曲にあるからだ。
 挑戦した方々の選曲リストを見てみて見逃せないことがある。それは新しい曲への挑戦が静かに広がっていることだ。新しい曲というのは、歌コンではなかなか今まで歌われてきていなかった曲という意味。歌コンで歌われるにはカラオケ演奏曲、つまり演奏があるというのが前提になる。
 アカペラでというのも過去にあったと記憶するが、どうしてもフランク永井のヒット曲に寄った「存在する演奏曲」になってしまう。従来はわずか30余曲だったのだが、全国のファンのリクエストに応えてかDAMなどの演奏曲が極少ないがすこしずつ充実してきている。
 カラオケあれば練習ができる。この環境でないとトレーニングが著しく難しい。新たに追加された演奏をこまめに集め、これはと思うものを選んで挑戦曲にしている方がいるのだ。例えば昨年の「季節外れの風鈴」。いい曲である。これに刺激されて私の歌いたいと今年は何人も同曲が歌われた。「Those Days Of Yesterday」「旅秋」「つかの間の恋」「悲しみは消えない」「ふるさとの風」なども、増えた曲である。
 中にはカラオケがないために自分で採譜までして演奏を用意したという方までいる。このようなさまざまな角度からのトライを受ける吸引力が、フランク永井の歌にあるということだ。
 当然だが挑戦するからには決勝に残りたい。決勝戦に挑んだからには入賞したい。それは人情だが、結果でもあり、運でもある。厳正なる審査が下るのは避けえない。それでも、ファンである挑戦者は来年も、新たな気持ちで、心新たにさまざまな努力と工夫を投じてくる。
 聴いてくれるファンに「こんないい曲があったんだ」と紹介する気概をたたえたい。
 なお、以前から「いい歌なのだが歌詞が短くて歌唱のパワーを評価してもらうにはやや不利」ではとしり込みされていた「加茂川ブルース」については、白井審査委員長から1+2、3+4で可能という現実的な意向が表明された。次回からはこの曲にも多く挑戦者がほしいところである。
 当日が投票時であることから公務として参加できなかった方(ボランティア、来客...)はいたが基本的に豪雨にめげずに多くの方が集まった。また私的な感想であるが、きちんとしたホールでもない体育館という環境での音響はいままでで最高だった。つまり裏方を支える方々の改善の追及が見られたことも称賛したい。
 今回の歌コンについては、全国で視聴できるBS11チャンネルで31日(火)の「あのスターにもう一度逢いたい」(21時から)紹介される予定。是非とも観ていただければと思う。

写真は左:優勝して満面の笑顔武田さん。中:決勝戦に残った全員と目立った女性挑戦者たち。下は会場の後方。右:品川ヤイさんが描かれたフランク永井鉛筆画展示コーナー

mx20171114.jpg

 フランク永井の代表曲のひとつである「君恋し」。1961(S36)年のレコード大賞曲。1920年代に佐々紅華(さっさこうか)作曲、時雨音羽作詞で作られた古い名曲である。
 オリジナル曲に与えられるこの「君恋し」が、カバー曲であるのにフランク永井に授与された。聴く者がフランク永井が歌った「君恋し」はとてもカバーとは思えなかったというほど、独自性のある歌唱だったからだ。
 だが、この受賞では編曲の名人たる寺岡真三の功績を忘れてはならない。オリジナルと見まがうばかりのジャズ風のアレンジは、古い日本風な「君恋し」をフレッシュな明るい時代の曲に格上げしたことだ。
 有名な二村定一歌唱のオリジナル曲と聴き比べてみたら、納得できる。
 この「君恋し」はそうした名曲であるがゆえに、多くの歌手にカバーされていて、数えられない。フランク永井にゆかりがありそうな歌手のカバーについては、これまで多く取り上げてきたが、今回は松岡和子ののカバー。
 松尾和子はいうまでもなく、都会的なムード歌謡の女性の代表的存在であった。その卓越した歌唱力に魅力を見出したフランク永井と恩師吉田正がデビューさせた。
 1959(S34)年、フランク永井とのデュエット曲「東京ナイトクラブ」はB面だが、そのA面「グッド・ナイト」で登場した。恩師吉田正の生んだ名曲で今も人気がある曲だ。
 松尾和子はこのデビューから30年後に30周年記念のCD(1988:VDR-1547-松尾和子~私的・昭和歌謡掌史)を出している。当然そのコンサートも行われたと思うが、不案内で記憶がない。しかし、その舞台で披露したと思えるライブのような音源が別途吹き込まれていて、その雰囲気を伝えている。
 この時は残念なことにフランク永井がすでに舞台を降りていた。絶対、必ずといっていい彼とのデュエット「東京ナイト・クラブ」を歌うことができなかった。それがどれほど、残念で、松尾の歌手としての意思に影響を及ぼしたかは計り知れない。
 しかし、残されている30周年の音源には、松尾の歌手としての誇りと意気込みのすべてが注がれている。記念すべきこのときに自分のいままでののすべてをぶっつけなければ、という強い思いが伝わる作品になっている。
 「君恋し」はここで歌われている。かつてゴールデン・デュエットと呼ばれたフランク永井とのデュエットがもうできない。相棒だったフランク永井のヒット曲「君恋し」に、その存念を全部入れ込んだような歌唱だ。
 「...私の身体の中に流れている日本の音楽の美しさ、優しさは幼いころから耳に馴染み、身体で感じ、心で震えた数々の歌の集積だ...このレコーデングのさなかにも、吉田先生はモニタールームから「もっと自然に、もっと丁寧に、もっと優しく」と何度となく注意してくださった。さまざまな音楽・歌を聴き、憶え、そして歌ってきた幸せを、歌のひとつひとつ、フレーズのほんの些細な響きの中にまで表現できたら...至福...」と松尾は言い残している。
 この「君恋し」は、後にビクターから松尾和子の完結版たるCD-BOXが発売されるのだが、そこにも収録されている。
 写真右は専属バンド「浜田清とフランクス・ナイン」をバックに歌うフランク永井。「東京ナイト・クラブ」ポスターは松竹映画とあるのだが詳細は分からない。本当の映画だったのか、映画仕立ての舞台ショーだったのか。
 さて、いよいよ来週21日は第9回フランク永井歌コンクール予選、翌22日は決戦が開かれる。当然の選挙投票日と重なるが、全国のファンの定例のイベントである。盛大に開催される。
 この催しについてBS11の「あのスターにもう一度会いたい」で28日に放送予定とのこと、たいへん楽しみ。
 なお、今月は予定が定かではないのだが、NHKラジオ深夜便で「フランク永井特集」があるとのこと。これも逃さないようにと、こころがけている次第。
mx20171007.jpg

 筆者は中国のことは全くの不案内だ。まして台湾についても分からないのだが、どうもフランク永井が1959(S34)年に発売した「魅惑の低音」第3集所蔵の「捨てられた街」が大変な人気曲になっているようだ。
 清水みのる作詞、平川浪竜作曲の大変味のある曲だ。清水はバタヤンこと田端義夫の「かえり船」、菊池章子「岸壁の母」「星の流れに」、菅原都々子「月がとっても青いから」、三波春夫「雪の渡り鳥」が代表曲で思い起こす。歌詞からイメージが鮮明に思い浮かぶ優れた作家。フランク永井には「霧の東京五番街」や最後のSP版となった「鈴懸の頃」などいくつか提供している。
 作曲の平川浪竜(なみりゅう)はやはり「岸壁の母」が代表曲。フランク永井には20曲以上の曲を提供している。当時きっての曲作りのプロのコンビだ。
 「捨てられた街」はフランク永井のシングルでは出ていない。EP/LP時代に入った1958年ごろから、ビクターの第一の人気歌手になったフランク永井は「魅惑の低音」シリーズの10インチLPシリーズを出し始めた。
 第1集はSP時代のヒット曲。第2集はその時期に力を入れて売りたかった曲。そして第3集からは推薦の押し曲+オリジナル曲という構成でステレオ化への移行期である1964年まで14集を出した。「捨てられた街」は、ひっそりと第3集にオリジナル曲として挿入されたものだ。
 ちなみに第3集にはいったオリジナル曲は他に「裏町の24時」「快速艇の男」。いずれも、さまざまな方面を睨んだ挑戦曲だ。ファンの受けがどちらを向くのか、フランク永井の歌唱がどの方向に受け入れられるのかをつかもうという、アドバルーン的な試行。
 「捨てられた街」が日本で人気を得たという記録はみられない。
 詞は「夜霧にうるむ 曲がり角 青い街灯が ぽつんと一つ ここにあの娘が 佇んでいた 想い出たどる 二丁目の あゝ捨てられた街に 夜が更ける...」という、自分を捨てた恋人への断ち切れない思いを描いたもの。捨てられたのは自分なのだが、それを自分がいる街に転嫁してどうするんだ、というつっこみもありそうだが、何とも言えない切なさが残る。
 これが親日の台湾で多くの歌手にカバーされ歌われている。相当以前からカラオケ演奏が用意されて、一般の人も好んで歌っている。日本語歌詞のままのもあれば、中国語に翻訳されているのもある。中国語曲名は「悲情的城市」で、捨てられたというより、悲しい別れが詰まっている忘れられない街を歌うといったところだろうか。
 中国語が元詞とどう発展しているのかはわからない。この曲はピアノ演奏だけとか、台湾の尺八演奏者とかの作品にもなっていて、さまざまな編曲や演奏で味わえる。まるで、日本から見捨てられた曲が台湾で独自によみがえり愛されているような感じだ。
 日本ではフランク永井のカバーは超ヒット曲にほとんど限られる。「有楽町...」「君子恋し」「おまえに」をはじめ他いくつかだ。今月宮城県大崎市で開かれるフランク永井歌コンクールでは、数十曲が歌われる。超ヒット曲でカラオケがあり、歌いやすい曲にどうしても寄ってしまう。
 「捨てられた街」のようなヒット曲とは言えない、デジタル化で出ていないような、マイナーな曲が歌われることはまずない。それが、台湾でこんなに(YouTubeで「捨てられた街」あるいは「悲情的城市」で検索してみれば、相当多くの映像が古くからアップされている)広く、多く出回っているのは何故だろう。
 とても興味深い。台湾の事情に通じている方からの情報が欲しい。

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、2017年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年9月です。

次のアーカイブは2017年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。