2016年7月アーカイブ

mx20160730a.jpgmx20160730c.jpgmx20160730b.jpg

 別項で紹介した「フランク永井前橋鉛筆画展示室」を訪れると、筆者らの年代であると懐かしいものに浸れる気がする。入り口をくぐると、まるで町医者の受付のような雰囲気がする。展示室になっているところは、確かに以前は町の医院だったそうだ。そして、まず飛び込んでくるのは、フランク永井の出演した映画のポスターだ。
 レコードのジャケットもコピーが数多く貼ってある。また活躍していた時代の珍しい多くの写真。いよいよドアを開けて展示室に入ると、品川さんが熱意をこめて描画したフランク永井の鉛筆画が室内を幾重にもとりまくように展示している。
 コーナーには所蔵の遺品やレコード類が整理されておいている。いつもフランク永井の曲がいい音質で流れている。展示棚には映画の台本が数多く並んでいる。ラジオやテレビでフランク永井がメインを務めていたときのシナリオ類もある。どうしてこのようなものが、こんなに並べられているのかと驚くほどである。
 そのようなことで、ここを訪れると、フランク永井が活躍していた、数十年前にいっきにワープしたような不思議な気持ちがよみがえる。
 フランク永井のデビューは1955(S30)年で、戦争で荒廃したなかから必死で立ち直り、再建に励んでいたころだ。2年後に「有楽町で逢いましょう」で人気を得た。これにより、流行歌に転向して最初に歌った「場末のペット吹き」からレコードがさかのぼって売れた。
 映画はつぎつぎと作られ、主題歌を歌い、出演したものが数十本に及んだ。面白いように歌はヒットし、全国的に公演でひっぱりだこにあった。多くのひとびとが、映画、ラジオ、ドラマ、歌、グラビアを求めたのだ。
 筆者らはまだ中学生や高校生、ようやく仕事に就いたような年代。雑誌の付録でも歌の小冊子があふれていた。地面にくぎをさして遊んだりもしたが、コマやメンコも流行った。みなたわいないこのような遊びに夢中だった。そうした子ども対象のメンコにも、なぜか大人の歌手や俳優の絵があふれていた。
 フランク永井が関係した映画は、残念なことにその多くは現在見ることはできない。映画館やテレビで復刻再演されるのは限られている。「有楽町で逢いましょう」「たそがれのテレビ塔」「夜霧に消えたチャコ」「西銀座駅前」「沓掛時次郎」「好き好き好き」といったところだ。
 ファンにとっては他のも観たいものだが、現代日本の社会で再現するにはふさわしくない映像、セリフが多いということだろう。当時の時代では娯楽として当然視されていたものが、わずか何年か経過しただけで、そんなことになってしまうのかと嘆きたいところだ。
 例えばタバコ。タバコをいつも口にくわえている。タバコが撮影映像のひとつのポーズ撮りの大切なアイテムでもあった。さらに、くわえタバコで運転し、吸殻を窓から火が付いたままポイ捨てする。
 同様なことはお酒。お酒を飲んで運転もおとがめなしような雰囲気。さらには酒場での大ケンカと大立ち回り。さらには拳銃を持っているの当たり前のような、当時ここはどこの国なのかというような、娑婆をめぐっての争いが当然のようなシーン。
 女性に対しての男のセリフも問題だらけ。今でいうセクハラ発言の連発。もちろん、女性の粋なシーンも多いのだが、全体として構成はなかなか現代にはなじまないといったのが多い。
 それらは、当時ヒットした歌の勢いで柳の下のどじょうを何度でも掬い取ってやろうというような、安易な発想で軽い娯楽番組として多生産しようとした背景があったことだ。否定しえない日本の娯楽文化の存在である。
 だが、それを単に煙ったく退けるという現代の姿勢もいかがなものかと思うのだが。庶民文化史の事実として、きちんとアーカイブし、いつでも閲覧研究の資料とできるようにしてこそ、正当な評価が可能になるのではなかろうか。
 やや横道にそれた感があるが「フランク永井前橋鉛筆画展示室」に、そうした貴重ともいえる多くのグッズが寄せられ、展示されていることに感心した。
(※写真は参考です。映画台本、メンコ類など以外は展示室ですべて閲覧できるわけではありません)
mx20160724a.jpgmx20160724b.jpgmx20160724c.jpg

 群馬県前橋市大胡の「フランク永井鉛筆画前橋展示室」をご存知でしょうか。7月16日に訪問する機会をえて訪ねた。10月16日に宮城県大崎市松山で開かれる「第8回フランク永井歌コンクール」に向けた準備追い上げの真っ最中であった。
 その忙しいなか迎えてくださったのはオーナーの品川ヤイさん。そして多忙な品川さんが展示室に不在の場合は同所で「自家焙煎珈琲豆の店はまや」を営んでおられるHさん。また神戸在中のAさんが遠方からこられていた。
 そればかりか、10月の歌コンにエントリーを予定されているという8名の勇士(挑戦者)とそれを支援する方がたで、夕刻には何と20余名が結集。
 「フランク永井鉛筆画前橋展示室」というのは、前橋市の品川さんの存在に大きく依存している。品川さんが以前から前橋市では社会への貢献者として著名な方。戦後NHKのラジオドラマで大きな反響を呼んだ「鐘の鳴る丘」に関係する当事者でもある。大きな事業を育てあげていまも若者や高齢者への支援の取り組みを強めている方だ。
 同時にフランク永井熱心なファンで、2008年にフランク永井が永眠したのを機に気持ちを整理するために始めた鉛筆画がスタートになっている。フランク永井の残された写真、映像のなかからこれはというシーンを切り取って鉛筆画に写している。その画やフランク永井関係資料の多数を松山のフランク永井常設展示室に寄与したり、同年に開始された「フランク永井歌コンクール」入賞者に副賞として提供されている。
 また、鉛筆画を翌年のカレンダーの形式にして歌コンの参加者への記念品として贈ったりと深い関係をもっている。大崎市からは貢献者として表彰された。
 この品川さんが敷地内の建物を「フランク永井鉛筆画前橋展示室」として公開している。描かれたのは200点を越えているようだ。今でも精力的に作品が増えていっている。鉛筆画はモノクロだが、その情熱のこもったタッチの作品は観る者を圧倒する。地元でもときどきイベントが企画され、しばしば新聞でも紹介されている。
 こうした品川さんの精力的な行動がフランク永井ファンを引き付け、当日に迎えてくださった神戸のAさんを含め、ファンということ、フランク永井の歌を歌い続けていこうということの引力の中心になって、輪が作られているのだ。
 この展示室では品川さんの描いた絵だけでなく、多くの珍しいフランク永井の関連品を所有するAさんの展示提供品が出されている。他のフランク永井の身近な関係者からのここでしか見れないようなグッズもある。
 私の訪問したときには、10月の歌コンで記念品として使われるカレンダーとかさまざまなアイテムの完成に向けて準備が進められていた。そして、何よりも歌コンのエントリー曲の練習だ。もちろん、歌で優勝とか入賞を狙いながらも、みなさんが明るく楽しんでおられたことが、一番印象的だった。そして、笑顔で心置きなく付き合える輪が深まっていること。社会生活において一番大切なそのような付き合いが実現しているのだった。
 前橋市は近くに赤城山もあり、温泉も多くあって、落ち着いてこころ休められる場所と感じた。富岡製糸場なども少し足を延ばせば訪問できる。フランク永井ファンだけでなく、ぜひともおすすめしたい場所であった。
mx20160708a.jpgmx20160718b.jpgmx20160818c.jpg

 フランク永井の恩師吉田正の亡くなった月が六月。このタイミングに毎年吉田正の功績をたたえた多くの番組が放送される。その中でも武田鉄矢が音楽家としての独特の視点から、ポイントをついた紹介が人気の「武田鉄矢の昭和は輝いていた」で、作曲家吉田正の世界として放送された。
 先に紹介した「昭和偉人伝 スペシャル」の表裏をかざる番組になっている。あわせると吉田正のすべてがわかるという保存版となっている。
 いずれでも橋幸夫と谷田ディレクタがゲスト出演でコメントを話されている。フランク永井のレア映像ソースもそうだが、テレビ東京が所蔵する豊富な歌唱映像もおしみなく紹介されている。
 「異国の丘」と吉田正のドラマチックな登場からはじまる。シベリア抑留については吉田正が生きていることの素晴らしさという対比で語るめずらしいシーンを出している。吉田メロディーの幅広さ、奥行きの深さ、若者の夢と希望、人生の暗さと明るさ等々について語られる根源が追及されている。
 気持ちの上では戦友でもあり親友という関係でもあった鶴田浩二、吉田学校の芽を思わせる三浦洸一、都会派歌謡を見出すフランク永井と松尾和子、ムード歌謡を開く和田弘とマヒナスターズ、コロンビア遠藤実から直に紹介されて登場する橋幸夫、突然登場する美少年三田明、そして日活の清純な代表的スター吉永小百合。歌でも発言でも登場して恩師を語るが、その敬意と感謝の真摯な姿勢をみると、恩師と関係が尋常なものではにことが伝わる。
 吉田正が時代の流れを敏感に掌握するセンサーを持っている。というのはそうなのだが、問題はだれしもが持つセンサーでも、それでとらえる情報のなかから核心的な点を的確に分析して選り出す能力こそが大事なのであろう。しかも、吉田正は、言葉の魔術師ともいうべき佐伯孝夫や宮川哲夫といった当時の天才的な作詞家にめぐりあい、共同できていた。
 魂を入れて創作したものを、民衆に触れさせる最終的な表現者を吉田学校で、手ぬかりなく育て上げて託した。彼らは吉田正の意の表現者として、操られるように、みごとに一体の事業を完成させたといえる。国民栄誉賞にふさわしいおおきなものを実際に人々に与えたといえる人生であった。

mx20160707a.jpg mx20160707b.jpg mx20160707c.jpg

 6月はフランク永井の恩師吉田正の命月であることから、特集番組が続いている。6日はBS朝日から「昭和偉人伝 スペシャル #61「吉田正」」が放送された。
 吉田正については当然のことながら、まさに昭和史に輝く偉人として何度も特集番組は作られている。だが、今回の2時間スペシャルは完成度が高く保存版でもあった。
 吉田作品は数千曲に及ぶ。永年にわたり専属契約をしていたビクターから正式にリリースされたものばかりではない。団体や企業、観光協会といったところから依頼されて作った曲は数えられない。また、校歌もある。さらには、シベリア抑留から帰国する以前に作った曲も数えられない。
 それでも名曲として大衆の耳に残っているのは、そのうちの僅かである。といっても分母が多いからで数百曲になる。だが、吉田は時代が変わったときに「よみびと知らず」のように、作者のことはしらねども永く口ずさまれることが、最大の喜びだといっていた。
 吉田が偉大と言えるのはもう一つある。それは番組でも表現されていたことだが、吉田が他の作曲家と独自の境地として求めた方向だ。戦後の大衆の貧しさ、戦後復興の目覚ましさ、そうした中で日夜労働に励んだ人たちが、就労を終えてひとときの憩いの場を持つ。今でいう居酒屋だ。そこに流れるBGMはみなジャズだったときに、ここで歌われる、聴ける、安らぎになる、明日への励みになる、そのような歌を作りたいと求めたことだ。
 流行歌はそのようなところに役割があり、人びとの生きる力になるのだと。貧しさ、至らなさ、つたなさ、悲恋と失恋、仲間への思いをときには励まし、薄め、水に流してくれる。気を持ち直して明日から新たな気持ちでやっていける。そのような力には直接はならなくとも、BGMとして間接的には役立つのだと強く思っていたことだ。
 番組では、もう時効かというように、吉田自身が晩年に戦争経験に触れた映像がながれた。もちろん具体的なことではない。曲の一片にかならず思いを込めているのだと。戦争の現場であるいは抑留の現場で理不尽のきわみを経験し、そこで多くの人が思考破壊される。感情のゆがみがでる。だが、吉田はそれを明日への生命の糧に転嫁した。
 吉田は番組で「寒い朝」と「いつでも夢を」をもっとも気持ちを入れ込んでいると評した。吉田メロディーが多くの人びとの心に残っている理由は、そうした曲の裏と底に流れるものがあるからではないかと思う。
 ゲストで話をした平尾正晃、湯川れい子の話が光る。今は歌謡界の重鎮でもある二方は、吉田正について今まで語られることがなかった、作曲家としての視点と感覚を話していた。また、現在吉田正とその門下生のいっさいを管理している吉田事務所の谷田郷士が、身近で吉田といっしょに取り組んでいたゆえのエピソードを語っている。

 フランク永井ファンにとっても、恩師吉田正とフランク永井の関係をきっちりと取り上げられていることに満足感を得たと思う。
 吉田メロディーは今では都会派歌謡ともいわれる。試行錯誤を経て完成を見たのは最初から見出し育てたフランク永井との出会いだ。まさに「有楽町で逢いましょう」の成功で吉田は信念に確固たる自信を得たと後に話している。
 フランク永井自身も、そうした吉田の意の真意を感じて、自分の歌の方向を見出したといえる。吉田学校とは言いえて妙だが、師匠が生徒に歌だけではない人として大事なことをまず話し、共有したことは有名だ。このようなシステムを結果といえども実行されたことが、今では驚異的なことだ。