10月にフランク永井の新CDリリース「ザ・カバーズ~魅惑の低音 再び」

| コメント(1) | トラックバック(0)
mx20150910a.jpgmx20150910b.jpgmx20150910c.jpg

 昨年にフランク永井の「ザ・カバーズ」が出て好評を博したが、今年もその連作ともいうべき「ザ・カバーズ~魅惑の低音 再び」のタイトルで発売される。
 収録曲は下記に紹介するが、この度の曲も胸をときめかすのが入っている。
 小椋佳との異色ユニットで歌われた1983年のLP「マホガニーのカウンター」に納められている「グッバイ・デイ」とか、カセット版でのみリリースされた石原裕次郎「よこはま物語」のカバー、さらに新出の渡哲也「日暮れ坂」のカバーといった初CD化作品が含まれている。
 さらに、フランク永井の先輩灰田勝彦が歌ってヒットした「森の小径」のカバー。「佐伯孝夫リサイタル」でフランク永井が歌ったものを再発掘して納めたもの。そして、何度か過去にも採用された石原裕次郎の「夜霧よ今夜も有難う」の別テイク。加えて、今年2月発売のCD7枚組BOX「フランク永井の世界」で発表された松尾和子の「恋の旅路の果てなのか」の別テイクが、というあでやかさだ。
 今回の企画について、ビクターエンターテインメントではリリースの発表に当たり次のように述べている。
 「聴く者すべてを魅了する魅惑の歌声。フランク永井「ザ・カバーズ」待望の新作。今作は昭和の歌謡曲シーンを彩った名曲のみにスポットを当てた全41曲収。ため息が出るような魅惑の歌声を再び」と。
 ビクターから出される最近のフランク永井作品は、その選曲がふるっている。過去はフランク永井のオリジナルのヒット曲を再編成で出すというのが多かったが、フランク永井の膨大な数におよぶカバーを紹介することで、昭和歌謡の一角を背負ったフランク永井の歌唱力のすごさを追求している。
 幅広いジャンルを巧みに歌いこなしている。洋楽から日本のドエンカ、ニューミュージックへのトライ、懐かしのメロディーから民謡...。そして、埋もれてしまったような曲を発見して積極的に織り込ませていることである。
 CD2枚組「ザ・カバーズ~魅惑の低音 再び」(VICL-64429)は2015年10月21日発売予定だ。
 10月18日は宮城県大崎市松山で、定例の第7回フランク永井歌コンクールが開催される。フランク永井ファンにとってはすばらしい送り物である。

Dusc1-01 ゴンドラの唄
     (作詞:吉井 勇 作曲:中山晋平 編曲:寺岡真三 元唄:松井須磨子)
Dusc1-02 街燈
     (作詞:佐伯孝夫 作曲:吉田 正 編曲:寺岡真三 元唄:三浦洸一)
Dusc1-03 季節の中で
     (作詞:松山千春 作曲:松山千春 編曲:若草 恵 元唄:松山千春)
Dusc1-04 夢去りし街角
     (作詞:谷村新司 作曲:堀内孝雄 編曲:石田勝範 元唄:アリス)
Dusc1-05 ルビーの指環
     (作詞:松本 隆 作曲:寺尾 聰 編曲:近藤 進 元唄:寺尾聡)
Dusc1-06 日暮れ坂
     (作詞:水木かおる 作曲:遠藤 実 編曲:若草 恵 元唄:渡哲也)
Dusc1-07 よこはま物語
     (作詞:なかにし礼 作曲:浜 圭介 編曲:近藤 進 元唄:石原裕次郎)
Dusc1-08 メモリーグラス
     (作詞:堀江 淳 作曲:堀江 淳 編曲:近藤 進 元唄:堀江淳)
Dusc1-09 Goodbye Day
     (作詞:来生えつこ 作曲:来生たかお 編曲:神山純一 元唄:来住たかお)
Dusc1-10 サチコ
     (作詞:田中 収 作曲:田中 収 編曲:近藤 進 元唄:ニック・ニューサ)
Dusc1-11 忘れはしないでしょう (離別)
     (作詞:吉屋 潤/なかにし礼 作曲:吉屋 潤 編曲:近藤 進 元唄:古屋潤)
Dusc1-12 暗い港のブルース
     (作詞:なかにし礼 作曲:早川博二 編曲:近藤 進 元唄:ザ・キング・トーンズ)
Dusc1-13 さよならをもう一度
     (作詞:阿久 悠 作曲:川口 真 編曲:近藤 進 元唄:尾崎紀世彦)
Dusc1-14 赤と黒のブルース
     (作詞:宮川哲夫 作曲:吉田 正 編曲:近藤 進 元唄:鶴田浩二)
Dusc1-15 かえり船
     (作詞:清水みのる 作曲:倉若晴生 編曲:寺岡真三 元唄:田端義夫)
Dusc1-16 別れの一本杉
     (作詞:高野公男 作曲:船村 徹 編曲:舩木謙一 元唄:春日八郎)
Dusc1-17 夜霧のブルース
     (作詞:島田磬也 作曲:大久保徳二郎 編曲:寺岡真三 元唄:ディック・ミネ)
Dusc1-18 あなたのすべてを
     (作詞:佐々木勉 作曲:佐々木勉 編曲:宮川 泰 元唄:佐々木勉)
Dusc1-19 夜霧よ今夜も有難う
     (作詞:浜口庫之助 作曲:浜口庫之助 編曲:近藤 進 元唄:石原裕次郎)
Dusc1-20 涙くんさよなら
     (作詞:浜口庫之助 作曲:浜口庫之助 編曲:福井 利雄 元唄:坂本九)

Dusc2-01 夜明けのうた
     (作詞:岩谷時子 作曲:いずみたく 編曲:一ノ瀬義孝 元唄:岸洋子)
Dusc2-02 愛の讃歌
     (If You Love Me)
     (作詞:Edith Piaf(訳詞:井田誠一) 作曲:Margueritte Angele Monnot
      編曲:保坂俊雄 元唄:フランク永井)
Dusc2-03 君恋し
     (作詞:時雨音羽 作曲:佐々紅華 編曲:寺岡真三 元唄:フランク永井)
Dusc2-04 希望
     (作詞:藤田敏雄 作曲:いずみたく 編曲:近藤 進 元唄:岸洋子)
Dusc2-05 君待てども
     (作詞:東 辰三 作曲:東 辰三 編曲:寺岡真三 元唄:平野愛子)
Dusc2-06 炭坑節
     (作詞:福岡県民謡 作曲: 編曲:保坂俊雄 元唄:フランク永井)
Dusc2-07 無情の夢
     (作詞:佐伯孝夫 作曲:佐々木俊一 編曲:寺岡真三 元唄:児玉好雄)
Dusc2-08 夜の銀狐
     (作詞:中山大三郎 作曲:中川博之 編曲:近藤 進 元唄:斎条史朗)
Dusc2-09 二人でお酒を [共演:松尾和子]
     (作詞:山上路夫 作曲:平尾昌晃 編曲:寺岡真三 元唄:梓みちよ)
Dusc2-10 昭和枯れすすき [共演:松尾和子]
     (作詞:山田孝雄 作曲:むつひろし 編曲:寺岡 三 元唄:さくらと一郎)
Dusc2-11 思案橋ブルース
     (作詞:川原 弘 作曲:川原 弘 編曲:寺岡真三 元唄:高橋勝とコロラティー)
Dusc2-12 夜霧の慕情
     (作詞:大高ひさを 作曲:野崎真一 編曲:寺岡真三 元唄:石原裕次郎)
Dusc2-13 恋さぐり夢さぐり
     (作詞:Neil Sedaka - Howard Greenfield(訳詞:嶺岸未来)
      作曲:Neil Sedaka - Howard Greenfield 編曲:竜崎孝路
      元唄:内山田洋とクール・ファイブ)
Dusc2-14 そして、神戸
     (作詞:千家和也 作曲:浜 圭介 編曲:近藤 進
      元唄:内山田洋とクール・ファイブ)
Dusc2-15 爪
     (作詞:平岡精二 作曲:平岡精二 編曲:近藤 進 元唄:ペギー葉山)
Dusc2-16 東京の人
     (作詞:佐伯孝夫 作曲:吉田 正 編曲:近藤 進 元唄:三浦洸一)
Dusc2-17 港が見える丘
     (作詞:東 辰三 作曲:東 辰三 編曲:寺岡真三 元唄:平野愛子)
Dusc2-18 誰よりも君を愛す [共演:松尾和子]
     (作詞:川内康範 作曲:吉田 正 編曲:寺岡真三
      元唄:松尾和子/和田弘とマヒナスターズ)
Dusc2-19 あいつ
     (作詞:平岡精二 作曲:平岡精二 編曲:近藤 進 元唄:旗照夫)
Dusc2-20 恋の旅路の果てなのかV2
     (作詞:佐伯孝夫 作曲:渡久地政信 編曲:- 元唄:松尾和子)
Dusc2-21 森の小径 
     (ライブ録音)
     (作詞:佐伯孝夫 作曲:灰田有紀彦 編曲:- 元唄:灰田勝彦)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://frank-m.org/mt-new/mt-tb.cgi/374

コメント(1)

文四郎様

フランクさんの「カバーズ」 第2弾発売のことは耳にしていましたが...曲目を知って胸が躍りました。とても楽しみですね。

今日は宮城県にも大雨特別警報が発令されて、我が家も鳴瀬川の近くなので心配です。
今朝は5時起床でしたが、車中に流れるフランクさんの歌声を聴いて心が落ち着きました。
雨は強くなったり、止んだりですが...少しだけ空が明るくなったような気がしています。
大自然の怖さは十分に知っているつもりの私ですが...今日は、9月11日。鎮魂の日です
静かに手を合わせて警戒をしながらも成り行きを受け入れ、心穏やかにして一日を過ごしたいと考えております。

文四郎さん、嬉しいニュースをお知らせくださいまして本当にありがとうございました。

歌コン実行委員会は、昨日役員会を開催して確認作業を行いました。
10月18日の第7回「フランク永井歌コンクール」へ向けて皆の気持ちは一つになっていますのでどうぞ宜しくお願い申し上げます。

フランク永井歌コンクール実行委員会
自在窯&ギャラリー 小野寺京子

コメントする