毎日放送制作番組「歌碑ものがたり」で宮城県大崎市松山の「おまえに」が関西地方で放映

| コメント(1) | トラックバック(0)
mx20150825c.jpgmx20150825b.jpgmx20150825a.jpg フランク永井の代表曲である「おまえに」(岩谷時子作詞、吉田正作曲)の歌碑が、フランク永井の生誕地である宮城県大崎市松山のふるさと歴史館前に建立されている。
 2013年10月27日、フランク永井は2008(H20)に亡くなったがその日に現地で除幕式がおこなわれたことは当「フランク永井あれこれ」で紹介させていただいたとおりである。『フランク永井の故郷に「おまえに」歌碑が建立される』『フランク永井の「おまえに」...作曲者吉田正が記す「ヒット曲の思い出」より』を参照していただければと思う。
 この「おまえに」歌碑について、関西エリアの毎日放送「歌碑ものがたり」としてまとめられて放送された。(6月19日)
 あいにく関東に住む筆者や、フランク永井の故郷東北のエリアでは放送されなかったようです。関西に住むフランク永井の大ファンである友人が当時「自分は観てなかったがどうも放送されたようなのだが...」と情報を知らせてくださって初めて知った。
 それは是非とも観てみたいと思い、「フランク永井の故郷から」の当サイトを主宰しておられる小野寺さんに聞いてみると、取材に来られたのだというお話でした。そのお話をうかがって以来、どのような番組だったのか、夢は膨らむばかりでしたが、最近にようやくその映像を観る機会にめぐまれたので、ここに記した次第。
 素晴らしい番組になっていた。
 フランク永井を生んだ松山をいきいきと取り上げ、10月開催の第7回フランク永井歌コンクールの取り組みの緊張が伝わってくる。
 番組の進行をつかさどるのは福島暢啓(のぶひろ)毎日放送アナが、松山の要所とか歌コンの要人をさりげなく訪ねて、松山の人の声として紹介する。
 映像でも話題になるのだが、福島アナの顔が若かりしフランク永井の顔に大変似ているために、また彼の素直で人好きの性格とかもにじみ出ていていい感じがでている。
 町のお店を訪れてきさくに聞くというスタイルなのだが、もすほ糖という名物お菓子(知らなかった)を売っているお店の齋藤邦夫さん、藤本和俊さん(実行委員)、高嶋利光さん(歌コンに参加された)、松本善雄さん(銘酒一ノ蔵)、小野寺京子さん(自在窯&ギャラリー)という方々がインタビューに登場された。
 一目映像に映る姿をみただけで伝わる、なんともいえない人柄、町が生んだフランク永井への温かい思い、後世に歌い継くのだという姿勢が、自然ににじみでている。
 雨が降っていた日の取材なのだが、決して暗くないばかりか、歌碑を魂が眠る墓所のようにていねいに拭きとる福島アナの姿は、思いがこもりむしろ明るい。
 フランク永井の数多いヒット曲の中で、おまえにを松山の碑にしたのは、こうした人への思いやりが重なるようである。フランク永井はこの曲を1966、1972、1977年と執念ともいえる異例の3回吹き込みをした。これはこの曲が恩師吉田正の栄光を支えた夫人への心情を岩谷時子が詞にしたといわれ、フランク永井はそのヒットで恩を報いるのだという深い決意のあらわれと伝えられる。
 「おまえに」はそうした先人の思いをも故郷松山で受け継がれて愛されているのだ。この映像は松山にかぎらず、現代の世知辛さで遠のこうとする人への思いやりの大切さを振り返させる。
 「歌碑ものがたり」では、東京有楽町に存在する「有楽町で逢いましょう」歌碑も取り上げられたとも聞くが、これもぜひ見たいものである。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://frank-m.org/mt-new/mt-tb.cgi/372

コメント(1)

文四郎様

とても良くまとめて取り上げて下さってありがとうございました。

フランク永井歌コンクールの実行委員会では、昨晩の会議で皆で鑑賞しました。
本当に素晴らしい「歌碑ものがたり」に編集されていましたね。

フランク永井歌コンクールの実行委員会になったばかりの藤本さんは「主演男優賞なみの映りだね!」と皆に褒められて...大いに照れていたようですが...この時期に皆で一緒に鑑賞する事で第7回「フランク永井歌コンクール」への求心力が一層高まりとても良い刺激になったようです。
今後共宜しくお願い致します。

フランク永井歌コンクール 実行委員会 自在窯&ギャラリー 小野寺京子

コメントする