NHK「ラジオ深夜便」フランク永井ジャズ特集曲目

| コメント(0) | トラックバック(0)
mixi201303251.jpgmixi201303252.jpg

 21日深夜に放送された。この夜フランク永井の曲は12曲流された。直接聴かれた方も、録音して別途聞かれた方も大いに楽しまれたことと思う。
 使われたCDは2009年にジャズの集大成の形でビクターからまとめて出された2枚組「フランク、ジャズを歌い」(VICL-63274-5)である。このCDには50曲、びっしりと納められているがうち代表的な10曲がとりあげられた。
 フランク永井はプロになるときにジャズ歌手をめざしていたたことからジャズに対する思い入れは深い。当日の番組では彼の一番乗りがいいともいえる「オール・オブ・ミー」が流された後、デビュー曲「恋人よわれに帰れ」そして続けてリリースされて「ばらの刺青」「16トン」と放送された。
 その後ジャズのさきがけとして戦前に二村貞一によって歌われその後何人かの歌手によってカバーされた「君恋し」が取り上げられた。これはいわずもがなフランク永井が復刻して歌って1961年の日本レコード大賞に輝いた曲である。寺岡真三の名アレンジは有名である。時雨音羽が作詞し佐々紅華が作曲した古典的な日本ジャズを寺岡は歌うフランク永井に特化した新しい息吹のすばらしい曲にした。フランク永井の提案でやや歌詞として古典的な匂いの残る3番をやめて、メインのフレーズの繰り返しとしたという。
 寺岡真三版の編曲は最初から最後までピアノ三連符で、ジャズピアニスト泣かせであったようだ。フランク永井のレコード「君恋し」のピアノはいうまでもなく、ピアニストでジャズマンであった寺岡真三みずからの演奏。この力強い演奏は、寺岡が銃剣道5段の猛者であったからできたことだ、と。これは「フランク永井歌コンクール」でずっと審査委員長をやってこられた白井伸幸(ビクター歌謡音楽研究会東京本部特別講師)が今年の歌コンのしおりで初めてあかされた秘話である。
 名曲「君恋し」はフランク永井の後も女性を含む何人かの歌い手によってカバーされている。フランク永井自身もカバーと言うより自分の歌を新たな編曲で挑戦もしている。例えば1985年の「歌手生活30周年記念ライヴ」での演奏猪俣毅版もある。また少しさかのぼって、1978年NHKビッグショー「酒・女・そして~」での「君恋し」もいい。大変印象的な編曲で小野満演奏版をきける。この日に放送されたのは、NHK紅白でも歌われたのだがトランペッターのニニ・ロッソ版である。LP「君恋し~ニニ・ロッソと唄う」(1973:SJX-133/VICL-41189)はニニ・ロッソの故国イタリアで録音されたものである。
 「君恋し」の3番は公式にフランク永井は歌っていないのだが、当時の歌の紹介では3番まで書かれたものもときどきあったようだ。フランク永井が「君恋し」を歌っている先輩の藤山一郎とテレビで歌うシーンがあったが、ここではフランク永井は「去り行くあの影...」からはじまり「臙脂の紅帯...」を含む3番を歌っている。この映像や音源は残っているはずである。
 さて、NHKラジオ深夜便にもどり、続いて「夜のストレンジャー」「ゴッド・ファーザー~愛のテーマ~」がかけられた。つづいて、とりあげられたのは「公園の手品師」である。これはジャズというと異なるのだが、この曲の醸し出す雰囲気が何か日本的というよりも、フランスの並木道とかシャンソンとかを連想させるものという点では大きなくくりとして取り上げられてのはうなずける。これは古さを知らない、誰もきらいではないという永遠の名曲である。
 そして乗りのいい「ファイブ・ミニッツ・モア」。「プリテンド~トゥー・ヤング~エニー・タイム~愛の讃歌~慕情」(メドレー21周年リサイタルで歌われたもの)が続く。区切りには「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」である。これは映画「カサブランカ」の中の名曲であの名作の中に聴く人を引きづり込む。
 さて深夜3時に一段落して次のテーマに移るのだが、フランク永井への名残が尽きないのをまさにそのまま表現して「東京午前三時」がかけられる。「東京午前三時」はフランク永井が売れないジャズから立ち直ろうと歌謡曲に変更した「場末のペット吹き」の後に出したもので、都会派を志向した恩師吉田正の挑戦曲である。前奏からして大都会東京の眠らぬ夜の雰囲気を、当時メディアは新聞とラジオしかなかった時代に、日本中に音楽で知らしめたと言える曲だ。
 こうしてフランク永井の当時の活躍をジャズと都会の深夜にかぶせて大きな余韻を残して番組は終わった。
 取り上げた曲目の視点に感心した次第である。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://frank-m.org/mt-new/mt-tb.cgi/254

コメントする

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、文四郎が2013年3月25日 18:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「3月21日NHKラジオ深夜便でフランク永井特集」です。

次のブログ記事は「「第5回フランク永井歌コンクール」で女性のチャンピオン誕生」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。