3月21日NHKラジオ深夜便でフランク永井特集

| コメント(0) | トラックバック(0)
mixi1b.jpg

 NHKでは、年に何回かラジオでフランク永井の特集を組んでいて、今回は21日である。
 下記のように、ラジオ第1とFMの同時放送である。
★──────────────────────────────────────────
[ 番 組 名 ] ラジオ深夜便 川野一宇 
[チャンネル] NHKラジオ第1/NHK-FM 
[ 放送日時 ] 2013年3月21日(木)午前1:00~午前5:00 [20日(水)深夜](240分) 
[ 番組(第1)] https://pid.nhk.or.jp/pid04/ProgramIntro/Show.do?pkey=001-20130320-05-79960 
[ 番組(FM) ] https://pid.nhk.or.jp/pid04/ProgramIntro/Show.do?pkey=001-20130320-07-88400 
★──────────────────────────────────────────

 内容の紹介はちょっと貧弱で、放送される曲目については「16トン」「夜のストレンジャー」「オール・オブ・ミー」他となっている。時間がたっぷりあるので、フランク永井のジャズ・ポップスなど数多く取り上げられると思われる。
 フランク永井が歌手として、最初めざそうとしたのが「ジャズ歌手」で、歌謡曲を歌うのを大変嫌っていたのは有名な話。デビュー曲「恋人よわれに帰れ」からたてつづけに「グッド・ナイト・スイート・ハート」「ばらの刺青」「16トン」と出したが、いずれも売れずしまいで、背に腹はかえられず、いやいや「場末のペット吹き」で歌謡曲の歌手に転向する。
 吉田正が目指していた日本人の都会の歌の表現に、フランク永井の声こそ理想と目を付けていて、いやがるフランク永井がおのずと歌わざるをえないタイミングを狙っていて、うまく勧めたからである。売れずにつらいときに楽屋で当時大先輩のディック・ミネに話したときに、彼からも歌謡曲を歌うことに賛同された。
 吉田正とビクターの当時のディレクターはフランク永井の歌のフィーリングを確かめるために、1957年のこの年さまざまな毛色の曲を歌わせている。「13,800円」「東京午前三時」「昭和炭坑節」「夜霧の第二国道」「夜行列車」「羽田発7時50分」など16曲余り。そうしておいて、準備したのが東京進出を機にキャンペーンを募集していたそごうデパート展開に乗ることであった。
 大映映画、平凡連載小説とビクター新人歌手による支援歌「有楽町で逢いましょう」だ。この吉田正の意図により作戦は大成功をおさめ、フランク永井の名をいっきに世に知らしめた。
 フランク永井はこれで成功をおさめながらも、ジャズ・洋楽へのあこがれ志向はけっしてあきらめたわけではなかった。チャンスがあればかならず得意のジャズをプログラムに差しこんだ。全国各地でのコンサートではほとんど欠かさずに何曲か歌った。自らレコードを出している「16トン」などは歌うたびに磨きがかかっている。
 「アット労音第2集」(1967:SJV-243)に納められている「16トン」はレコードと異なりすべて英語版(レコードの方は日本語詞が入る)で、本家のテネシー・アーニー・フォードとくらべても甲乙つけがたいほどの歌唱をみせている(と思う)。
 さて、フランク永井のジャズのLPはいくつかあるがCD化はほとんどなされている。CDはLPを復刻したというのは写真の「ANSWER ME MY LOVE」(1954:DVR-42)だけで、他は寄せ集めである。集大成は「フランク、ジャズを歌う」(2009:VICL-63274~5)で、このエッセンス版が、ちょっとまぎらわしいが「フランク、スタンダードを歌う」(Sony CD Club 2009:FVCL-41317~8)である。
 他には「ベスト・コレクション」(VFD-10082)6枚組の6枚目に集約された20曲が入っている。また超レア版では「あなたと夜と音楽と~ジャズ・スタンダードを歌う」(World Record EGR-4018)というのがある。
 フランク永井の歌は入れ込んで聞くというのもいいが、BGMとして聞き流すのにも適している。特にジャズは安心して流せる。
 ラジオ番組は来週の放送だが、深夜にちょっぴりアルコールやカクテルを横に気楽に耳を傾けてみてはいががだろうか。

mixi2b.jpgmixi3b.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://frank-m.org/mt-new/mt-tb.cgi/252

コメントする

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、文四郎が2013年3月15日 20:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「第5回フランク永井歌コンクール」3月23・24日の開催が近づく」です。

次のブログ記事は「NHK「ラジオ深夜便」フランク永井ジャズ特集曲目」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。